Studio LUCE Chika SASAKI  Official Website-
LUCE 〜イタリア語で「光」をあらわすことば
-
トップ | トピックス || プロフィール | レッスン | カウンセリング | コンサート | CD | ベルカント唱法 | ダイアリー | お問い合わせ [ RSS ]
-
- - ダイアリー
-
- -
前の20件 | 次の20件
-
- 2019/01/16 ☆一期一会☆
-
2019/01/16(Wed) 09:56 by ちかこ



全身全霊で《一期一会》を生きています。



その瞬間に全てを注ぐエネルギー。


その瞬間に自分を信じるエネルギー。


その瞬間に誠実を体現するエネルギー。


その瞬間に全ての仕組みに感謝するエネルギー。


その瞬間に愛そのものであるエネルギー。



ようやく、この歳になり、
私はシンプルになりつつあります。



この世の中では、姿形は何とでも誤魔化せるかもしれないけれど、

心根の部分は、360度、どの角度から関わっても、自分自身に嘘がないのが、
穏やかに生きていられる気がしてなりません。


そこに私の音楽も共存しています♪

☆一期一会に感謝☆
-
- 2019/01/15 ☆良かったね〜☆☆☆
-
2019/01/15(Tue) 17:46 by ちかこ




山梨でS.ルーチェのレッスンをした後、
有志での新年会をしました!!



息子もお正月はアルバイト三昧でしたので、ゲキ混みな時期をずらして、
今回のレッスン日の前夜に一緒に山梨へ行き、
祖父母の家に泊まり☆元気な顔を見せることが出来ました。



祖父母は孫と過ごす穏やかで楽しい時間に大満足してくれた様子で安心しました。


(もしかしたら、これが最後になるかもね。。)と思うと、ついつい優しい言葉がけになっていました。。



母からは雪崩の様な勢いで近況報告がなされ、
親は親なりに、
[病気と周りの方々と]上手く関わっている話をあれこれかしてくれて安心しました。


以前より、また、頭の回転がしっかりしていることには驚きました。



私としては、親の顔を見る度に、
過去に親から向けられた様々な出来事をフラッシュバック的に思い出すのがクセなのですが、

【親は全て忘れている!】と再認識し、


私の記憶を癒すまでだと自らを励まし、

少し成長した心で、全ての過去を許しながら、

《今を笑顔で接することが大切だ!》と心から思い、穏やかに過ごせました。



1日でも長く生きて、自分自身に与えられている命の時間全てに感謝をして生きてもらえたら、
もう、それだけで十分だと感じました。




☆☆☆さて、新年会には、息子も合流し、集まったメンバーそれぞれの、心の進化を認め合う☆幸せな時間となりました。


ステージに立つことが生き甲斐になった人、
誰かの為にリーダーとなり、生き方そのものをサポートするのが嬉しい人、
自身の病気と向き合い、命というものを大切に考え始めた人、e t c...



メンバー同士がお互いの活動を応援しあい、次なる展開に広がる関係性も構築されていて嬉しい限りです。


12年以上の長い付き合いが出来ているメンバー達とは、ほぼ家族みたいな感覚で、何でもリラックスしながら話せるのが本当に有難いと感謝しています。




☆☆☆そうそう昨年末に、
長い付き合いのメンバーのひとりが、
ついに結婚をしたとの連絡が来ました。



ラインでのご報告で、ジェネレーションギャップ☆でしたが、

とにかく目出度くて、嬉しくて、

「良かったね〜☆☆☆おめでとう♪♪」とお伝えしました。




☆☆☆それからもうひとつ♪
コツコツレパートリーを増やして努力して来たメンバーが、
ついに《自主制作CDを作りたい!》との相談もありました。



なんだか、皆さん前向きで☆力強く、
自分自身を持って生きているエネルギーに満ち満ちているので、
ついつい目頭が熱くなってしまいました。



自分だけのオリジナル人生を、

いかに生きて、

いかに自分色に染め上げるかは、

一人ひとりの魂のクリーニングが進んでいてこその《今のカラー》なのだろうと感じました。



☆全ての出来事に感謝を☆


image1.jpeg [40.9404296875 KB]
-
- 2019/01/14 ☆いや〜!!危なかった☆☆ ☆
-
2019/01/14(Mon) 23:06 by ちかこ

先日、仕事帰りに駅のホームから、少し長めの下りエスカレーターに乗った時のことです。



ホームをゆるゆると歩く、ちょっと雰囲気がダークな感じが気になる女性を、ササっと追い越してから、下りエスカレーターに乗ったのですが、

なんと!

後ろの人が★私の腰をドンと押しました。


前には人がいない状態で、
危なくエスカレーターから転げ落ちそうになりました。



その日は、ちょうど右手に小さなスーツケースを持っていた事と、

エスカレーターに乗る時に、バランスを崩さないようにと、左手で手すりのベルトをしっかり握っていたので、
とっさに両手で踏ん張る事が出来ました。



ええっ??と思い後ろを見ると、
さっき追い越した女性が間を空けずに乗っていました。


私が振り向いた時は、わざと遠くを見ていました。



つい普通の声で、

「危ない危ない!ね〜!!!」と、半身を後ろに向け、
変なオバさんよろしく☆大きな独り言を言いました。

そんなことしか出来ない歯がゆさにイラッとしましたが、
無事でしたし、その方が加害者にならなくて済んだのですから、早く忘れたいので、今日、ブログに書いてエンガチョします。



皆さん!

エスカレーターにお乗りの際は手すりにおつかまりくださいね!!


(いや〜無事で良かった。。。)


笘諢滉ェ昶
-
- 2019/01/11 ☆今年もよろしくお願いいた します♪☆
-
2019/01/11(Fri) 14:20 by ちかこ



2019年が明けて、
気がつけば、アッと言う間に11日になっていました。



遅ればせながら、

☆今年もよろしくお願いいたします☆


年末年始は、まず2日間は寝込む勢いでしっかり休み、
疲れを癒してから、
普段出来ていなかった場所の掃除や、溜まりに溜まった書類の整理などをしながらNHKの紅白を見ていました。


ユーミンの「優しさに包まれて♪」では、ユーミンライブに涙腺が緩みました。


息子は自分自身の為に年末年始☆連勤でアルバイトをしていました。


目標があるから頑張れるのだろうと☆応援して過ごしました。




☆☆☆さて、

今年も、【自分軸で生きよう♪】と考えてスタートしております。



音楽の仕事は5日から始まり、

生徒さん達はお正月に色々とあった方が多く、

まずは☆歌のレッスンに入るよりも先に、
何があったかを堰を切ったように話すので、
聞く時間が半分、
残りの時間を音楽にあてる人達が多く、

心を開いて話をしてくれる時間も、
それもまた私の学びだなぁ♪と感じていました。



ひとしきり話した後に歌ってもらうと、
皆さんスッキリされた様子で、

「歌えるって良いですね。幸せです♪」という言葉を何度か聞きました。


嬉しい限りです♪


☆☆☆新たな1年12ヶ月を、どの様に過ごせるのかが楽しみでなりません。



この【自分軸】で考えると、
全てのことが必然で起きていると腑に落ちますし、

突然の出来事も、(今だから良かった!)と思えれば、
自分以外の人達の思考の渦に巻き込まれることも、少なくなると感じています。



毎日、音楽の仕事に携わり、
時々、誰かの相談に乗りながら、

通過する時間、場所、人、全てに感謝して生きたいと願っております♪


☆感謝♪☆


image1.jpeg [28.560546875 KB]
-
- 2018/12/30 ☆今年も有難うご ざいました!☆
-
2018/12/30(Sun) 17:54 by ちかこ
おかげ様で、今年も無事に楽しく音楽に生かされて走り続けてまいりました♪♪

皆様、有難うございました。




☆☆☆今夏、自分史上最大級に育ち、

体調不良も頻繁に出始め生命の危機感を抱いたことがキッカケとなり、

一大決心をして、

《体質改善》を意識しながら、

食生活から見直し、良く歩き、
睡眠時間も4時間から5〜6時間に増やしました。


普通の休日が無い仕事中心の、
ほぼ連勤状態のスケジュールとなってしまった事を、
【自己責任だ!】としっかりと受け入れて、
脳内環境から☆自己管理に徹しました。



週6の音大附属音楽教室の他に、新たに公立高校での非常勤講師などにもチャレンジさせていただき、

仕事内容が神奈川に集中したため、
山梨へレッスンや介護に行ける日が、かなり少なくなりました。


反省は多々ありますが、
毎日が【一期一会】の精神で過ごさせていただき、全力で駆け抜けました。。。



その甲斐あって、
秋以降は、見えないエネルギーも☆満ち満ちて、
神奈川に転居してから3年9ヶ月の中で、
今が1番☆絶好調な感じがしております。



山梨で暮らしている両親の介護は、
プロの方々と連絡を取り合いながら、信頼してお任せし、
今年はこの様にトコトン仕事をさせていただきました。


スタッフの皆様には感謝しかありません。。。今年も両親を支えてくださり、有難うございました。



息子は、昨日までが音大で、
《第九》を高らかに歌い上げて一年を締めくくり、
今日から冬休みに入りました。



お互いに、なかなか、ゆっくりと自分自身の時間は取れていませんが、

この年末年始は☆私は、
しっかり連休となりましたので、
サクサクッと家の片付けや掃除をして、
大好きな事に時間を使い☆快適に過ごそうと思っています。



息子は、さらなる進学に向けて資金作りの為にバイト三昧だそうです。



☆☆☆さてさて、
少し前の話ですが、
今年のトピックスの一つになる様な@素敵な出来事@がありましたので、

これを書いてブログも冬休みに入ろうと思います。


しばらく連勤が続いていた今月、ようやく半日お休みが取れた日に、
美容院と☆絵画の個展に行きました。


まずは午前中に、予約無しで美容院に行ったところ、
☆今から3時間後位なら大丈夫だ☆と確認を取り、
またその時間に出直すことにして、

その3時間を利用して日本橋三越まで作品展を見に行きました。



☆☆☆実は、久しぶりに《天からの励まし》が来たかの様な、嬉しい衝撃がありました。


その少し前の日に、朝のテレビ番組で、

画家の小松美羽さんという方を特集し、
作品展の告知がなされていて、

なにやら☆ビビッ☆とくるものを感じました。


どうしても、その方の作品をナマで見たくなり、
なかなか都心へは行きたくない私なのですが、

「何が何でも、どうしても見たい!」という衝動が日増しに魂レベルで立ち上がって来たのですから、

(3時間で見に行って帰ってくる!)と決めて、
サクサクッと電車に乗って見に行く事が出来ました。



彼女の《龍》を描いた作品がどうしても見たかったのです。



日本橋三越の会場入口に、

その《龍》の作品が展示されていて、溢れ出るエネルギーが強烈で、久しぶりに魂レベルでエネルギーが充電されました。


もちろん他の作品も素晴らしく、作品一つひとつに宿るエネルギーに心底圧倒されました。


あまにりも嬉しくて、会場出口にある書籍を手にして選んでいた時、

なんと!!私の直ぐ後ろに作家さん本人が立っていたのです。



可愛らしい、細身の静かなエネルギーの方でした。



サイン会とかの日ではなかったので、まさか作家さん御本人がココで登場するとは想定外で、

慌てて本を購入し、

レジの方に「急な事でサインをしていただけるのでしょうか?」と聞くと、

有難い事にレジの方が、すぐにスタッフさんに聞きに行ってくれて、

なんと!OKをいただき、
作家である小松美羽さんと胸が高鳴る数分間をいただいてしまいました。



心から《龍》の作品が見たくて駆けつけただけでしたのに、
御本人が直ぐ後ろに登場してしまう奇跡をいただき、

不覚にもウルウルするほど感動してしまいました。


☆純粋で強いエネルギーをまとう方☆でした。



おかげ様で、
ますます自分らしく生きて働けるエネルギーをいただいた感じでした。


芸術って、こんな風に【生きる力をもらたす御役目】があるものなのか!!と改めて実感した作品でした。


有り難かったです♪




☆☆☆☆☆日々、毎瞬☆毎瞬、何から何をどの様に受け止めて生きて行くのかは、

それぞれの築き上げて来た思考のなす技だとは思います。



全ては必然で、巡り合わせの連続です。



この瞬間でさえ、どこでどう過ごし、何を選ぶかは自分自身が決めているのです。

この命は1度きりです。


おかげ様で、今年も色鮮やかに沢山の体験と努力を積み重ねる事が出来ました。



それでは、皆様、良いお年をお迎えください♪

☆全てに感謝を☆


-
- 2018/12/29 ☆ちょっとスリリング☆
-
2018/12/29(Sat) 10:16 by ちかこ



仕事帰りにショッピングモールに立ち寄った時の事です。


エスカレーターで私の前後に50歳代の男女3人が、接近する形で乗って来ました。


私はイタリア留学時代からナゼか?

スリと私服警官が分かるので、

失礼ながら、この3人がスリのグループで、私がターゲットだと直感で感じました。



嫌だったので、

次の階へのエスカレーターに、
直ぐには乗らず、
エスカレーターから少し離れて、
鏡のある場所でマフラーを巻き直したところ、

やはり鏡の隅に、その女性がエスカレーターには乗らずに、こちらをチラチラ見て待機していたのが分かったので、

(あ〜あ、やっぱり狙われちゃった。)と、
ガッカリしつつ、
気持ちを☆戦闘モード☆に切り替えました。



バックごと持って行かれない様に、
エスカレーターの手すり側に持ち替え、
ファスナー部分を手前にし、
脇にしっかり挟み込み、

よし!!と気合いを入れてエスカレーターに乗りました。



案の定、その女性は私の直ぐ後ろに乗って来ました。


そしてグループだろう男性2人がエスカレーターの右側を通過して行きました。


いつの間にか男性2人も、近くにいたのです。



ちょっと面白くなり、

わざと下着ショップに入ってみると、
女性も入って来ましたが、

男性2人は通路に待機していました。



(さてさて、どうしたら諦めてくれるかな?)と思いながら、


次に、目的の雑貨屋さんに入ると、

そこの商品棚が高めでしたので、

探すついでに、
無駄にウロウロしてみたところ、
さっきまで後ろ側にいた女性の前に、
まさかの偶然で☆鉢合わせをしてしまいました。


バックをギュッと握り直して、

ついつい5秒くらいガン見してしまいました。


その女性は私のガン見に一瞬固まった感じでしたので、
私は《変なオバさん風》にニャッと笑ってしまいました。


また後ろから男性2人も通過したので、
《変なオバさん風》は、
視界の中で彼らをチラチラ見つつ、

うまい具合に目的の商品を見つけられたので、
レジまで足早に行き、あえてワザと☆ラッピングを小声で耳打ちする様なアクションで依頼したところ、
彼らはスーッといなくなりました。。



もし店を出て、また、ついて来たら、次はどうしようかな?と考えながら、

通路を見渡しましたが、
そこには3人の姿はありませんでした。



ちょっとスリリングでしたが、

今回もスリ?ひったくり?から回避出来た達成感に満ち満ちて、

彼らを加害者にしなくて済んだかも?と思い、
静かに自己満足した年の瀬でした。


☆どんなごとにも感謝を☆


image1.jpeg [28.87109375 KB]
-
- 2018/12/27 ☆もしかして助けちゃった? ?☆
-
2018/12/27(Thu) 01:16 by ちかこ


すご〜くビックリしながら、ホッとした話を聞きました。



去年、離婚相談を受けていた方からの報告(?)でした。



これまでも沢山の方々の離婚相談を受けて来ては、
皆さんに必ずお伝えしていることがあります。



離婚をするということは、

《自分自身で自立した生活を送ること》なのですと。。。



慰謝料や養育費の支払いで、離婚後の生活を期待をする前に、

自ら社会に出て、
仕事をする覚悟を持つことだ!と伝えています。



さて、その方には、去年、
学生時代の友人と再会した時に、
「仕事に誘われた!」と、聞きました。



「国会議員をしている方が協力してくれて、輸入代理店を開くにあたり、○○に事務所となる物件も確保しているので、事務を手伝って欲しいと言われて、住まいも用意してくれる!」と、
かなり具体的な経営計画を立て誘ってくれた!と、ワクワクしながら私に話してくれました。


普通に聞けば、しっかりした事業内容でした。



しかし聞いているうちに、なぜか私の頭の中で★グレーなイメージがドンドン広がって来たので、

「その話はしばらく様子を見た方が良いかもしれませんね。何かがある感じがしますよ。」と、

せっかくの自立への足がかりでしたが、
要注意だと伝え、ガッカリさせてしまい、しばらく話は途絶えてしまいました。

なんでもそうですが、
ワクワクしている方に、
正直に直感を伝えてしまう事は心が痛むものです。

しかも、私には何の得もないのですから。。。



。。。ところが、約1年近く経ち、
久しぶりに連絡が来ました。



何と!その輸入代理店の社長となる方は、そこそこ有名な詐欺師だったそうで、
あの話は議員さんも含め周りの方々を巻き込んだ、大掛かりなサギだったのだそうです。


話を持ちかけてきた学生時代の友人は、
それ以降、暮らしていた東京を離れ、
地方で全く違う仕事をしながら、
少し落ち着いてから連絡をして来たそうです。



その様な結果的報告と、
あれから時間も経ち、
アドバイスした事へは感謝されることもなく、

あれほど強かった離婚願望もスッカリ無くなっていました。



(あの時のアドバイスは間違いではなかった!もしかして助けちゃった?)と胸をなでおろし、

静かに自分を癒しました。。。



☆全ての出来事に感謝を☆


image1.jpeg [66.1005859375 KB]
-
- 2018/12/25 ☆あわてんぼうのサンタクロ ース♪☆
-
2018/12/25(Tue) 01:06 by ちかこ



☆☆☆メリークリスマス♪☆☆☆

数日前のレッスンに来た小学生君から聞いた話をひとつ♪


。。。おじいちゃんの家に遊びに行ったら、
まだクリスマスじゃないのに、プレゼントをもらったんだ!


あわてんぼうのサンタクロース♪が、

僕へのクリスマスプレゼントを、

おじいちゃんの家に、おいていったんだって!!

サンタさんって、あわてんぼうなんだよ☆

だから今日は、

《あわてんぼうのサンタクロース♪》を歌わなくちゃ!!



そう言って私に伴奏をせかすのでした。


サンタさんは世界中にプレゼントを届けるから、早目に置いてくのもアリかもしれませんね☆

さて、今日の写真は、息子がサンタ村から来たというサンタさんとのツーショットです♪

☆世界中の子供達が幸せであります様に!☆ステキなクリスマスを☆感謝☆



image1.jpeg [150.83203125 KB]
-
- 2018/12/21 ☆ゾーンに入った??☆
-
2018/12/21(Fri) 07:46 by ちかこ



先日、附属音楽教室で通常のレッスンの他に、
生徒さんの都合で変更追加や、
体験レッスンなどが加わり、
1日で9人の☆個人レッスンをしました。



6人目を過ぎたあたりで、
ピアノの音色が☆素敵に変わって来ました。



(???何が起きてる???)



そう思う間も無く、次には譜面が☆キラキラと見え出してきました。



(???ついに限界???)



脳内では限界が近いウルトラマンのピーコンピーコン♪が鳴るかと思いきや、

真逆で、それらの現象のおかげで、

教えることがスッカリ楽しくなってしまい、

それまで少し疲れていたはずが、


楽しさが勝って、

時おりゲラゲラと笑いも混ざりながら、9人のレッスンがサクサクと無事に終了していました。


朝から痛かった腰痛までもが消えて、帰りの足取りが軽くなっていたのには驚きました。


久しぶりに、ランナーズハイならぬティチャーズハイの*ゾーン*を体験したと感じました。



生徒さんは9人全員、歌う曲目もジャンルも違っていました。


年齢も小1から70歳代までと幅広く、

約30曲の楽曲を伴奏しながら、

音楽作りと声作りをしつつ、

ひとり1人の人格と寄り添ううちに、

天然の集中力が発揮されて、

ちっぽけな知識や技術を超えた状態に自然に入れたのです。



《まさに!音楽から得た幸せな*ゾーン*体験でした☆》


それからは、音楽を教えながら、

おしゃべりの中に☆生きること☆そのものの楽しさや、

ちょっとしたポジティブアドバイスをすることも楽しく盛り込んで、

皆さんのキラキラとした笑顔と歌声を聴かせてもらいながら、

凄く忙しい〈師走〉を、楽しくスキップ気分で過ごせています♪


電車に乗ると、なぜか座れる事が多く、

ちゃっかり仮眠を取ってリフレッシュも出来ています。有難いです。



大好きな《歌を教える時間♪》は、

私そのものを生かす素敵な宝物となりました!!


。。。昨日の辛さは昨日だけのこと、
今日に持ち越すかどうかは自分次第ですね。。。


毎日、ゆるやかに切り替えて生きてゆけたら、
今日という新しい時間は神様からの贈り物だと思います。



☆音楽のある日々に感謝☆




image1.jpeg [45.19140625 KB]
-
- 2018/12/17 ☆かわいい〜♪☆
-
2018/12/17(Mon) 15:10 by ちかこ




附属音楽教室で声楽を教えている女子高生が、髪を約40cmくらいバッサリと切って現れました。


もともと美人さんなのですが、
さらに可愛さが5倍増しになり、
ひと目見るなり思わず、

「えー!?かわいい〜♪何かあったの?どうしたの〜??」と、
すっかりオバちゃん的な質問まで盛ってしまいました。



すると、

『ヘアードネーションをしたんです!』と、嬉しそうに答えるではないですか。



ヘアードネーションとは、
メディカル ウィッグの材料となる髪を寄付をする活動です。




元気なツヤツヤな髪が、誰かの役に立つ事を考えると、なんだか有り難く嬉しくなります。。


☆感謝☆

image1.jpeg [55.0556640625 KB]
-
- 2018/12/13 ☆何?何?何?☆
-
2018/12/13(Thu) 14:40 by ちかこ



ちょっと尋常ではない目に見えない世界のはずの出来事が、見える形で続いて起きていて、寿命が縮む思いを体験しました。


いつか書ける時が来たら、
笑い話に変えて書ける様にと、

佐佐木親子で果敢に大奮闘中です!!!




☆☆☆☆☆
さてさて、少し前に作成途中のブログを間違えて送信しアップしてしまい、
管理してくれている方に連絡をして、削除してもらう事がありました。


そのブログに、とある出来事を追加し完成させてアップを試みましたが、
今度はアップに対してエラーが何度か続き、
(内容に何かある??)と考えて、

別の内容でのブログに変えてアップすると、何の問題もなくアップ出来ました。


☆☆☆☆☆

最近、
出先で触る電化製品が、原因不明で、次々と故障(?)する事が起きたり、
ついには我が家のガスコンロまでもがエスケープしたりも(勝手に直りました)ありました。

原因は不明です。



仕事に行く途中の歩道で、いきなりブランド物の時計を拾って派出所に届けたりもしました。



☆♪☆♪☆♪☆

そうそう♪ルーチェの音大生メンバーがレッスンに来ました。


某@大に進学し、凄い方から学んでいますし、半年以上連絡もなかったので、

そちらで頑張ってくれていれば良いなあ♪と楽観的に思っていました。


ところが、凄い指導者は、生徒に対しても凄い歌唱力は出来て当たり前☆という意識らしく、

過去の私とのレッスンの様な具体的な改善策の指導はなく、

数ヶ月間、どうやら1人で悩みもがいていたのだそうです。


まあ、社会的にも、凄い指導者と私は全然違うので、
生徒さんも、私に相談する事さえ悩んだと思いますが、

にっちもさっちもいかず、
とにかく佐佐木に会いに来て苦悩を吐き出した感じでした。



気の毒に、プチノイローゼになっていたのかもしれません。


とにかく心のわだかまりを聞くところから始まり、今、まさに必要な発声の仕方と、メンタルの在り方を伝え励ましました。


来た時は顔色もくすんで、気の力も弱く、壁が透けて見えそうな感じでしたが、みるみる元気になり、帰る時には、

「なんだかシッカリ食べたくなりました!!」

いいじゃないの〜♪

☆全ての出来事に感謝を☆


image1.jpeg [86.3193359375 KB]
-
- 2018/12/04 ☆突然、目の前に現れて♪☆
-
2018/12/04(Tue) 10:58 by ちかこ


先日、甲府にレッスンに行った時のことです。


偶然か?必然か?


その日、仕事先で車を降りたスグ目の前に、
約12年振りくらいの懐かしい方が立っていました。



その方は、そこで誰かと待ち合わせをしていたらしく、
私には見向きもしなかったのですが、


思わず@こちらから「○○先生?佐佐木です!」と声をかけると、
凄くビックリされて、偶然の再会を喜びました。



以前はお互いに山梨で暮らして指導をしていたのですが、
その先生のご自宅は東京にあり、今はそちらに戻られたそうで、

今では山梨には、たまにしか来ないらしく、私も月に1〜2回しか来ていないのですから、

この確率で想定外な再会が出来たことは、
☆まさに奇跡中の奇跡だと思い感謝しました。


(以前も奇跡の連続で関わる流れがあったのですから、何かがグルっと、ひとサイクルしたことを感じました。)



相変わらず、ますます御活躍の様子で、さらに美しくなっていたのには驚きでした。

秘けつを聞くと、アクション付きで「今はトレーニングをしてますから!!」と教えてくれました。



その方から紹介されて教えた人達は、皆、活躍し、指導者にもなっている事は風の噂で知っていました。



さらにさらに☆お元気でいてくださって、本当に嬉しかったです!!



☆☆☆さて、
私は相変わらず、附属音楽教室と高校が休みの日に甲府にて仕事を組んでいるので、またまた2週間連勤となりましたが、
仕事をコツコツ続けていると、この様なご褒美に出会えるのですから、

素敵な天の計らいには感謝です。



さぁて、今日もお仕事を☆楽しく頑張りますよ♪

☆音楽のある毎日に感謝を☆


image1.jpeg [69.1015625 KB]
-
- 2018/11/22 ☆マンモス発表会が無事に終 わりました!☆
-
2018/11/22(Thu) 11:50 by ちかこ






またまた2回の土日を忘れる勢いで、張り切って連勤していました!!



ようやく2日間のお休みが取れたのですが、
朝、息子を送り出した後、1日目は、なんと午後2時まで爆睡していました。


2日目のお休みは、普段出来なかった家の片付けをしていたら、あっという間に夕方になり、そのまま夜になりました。


せっかくの休日でしたが、家から1歩も出ませんでした。。。


体調は体質改善をしているところですので、以前より、はるかに動きやすくなっていますし、
☆体重も体質改善に伴い、ピーク時より6Kg減りました!!!




ルーチェのパソコンは、しばらく機嫌が悪くなっていたので、メンテナンスを保留にしたまま、あっという間に2ヶ月が経ち、ようやく復活し、また、お問い合わせに対応可能となりました。

ご連絡をいただいておりました方々には、ご迷惑、ご心配をおかけし申し訳ございませんでした。

すぐにはお返事が出来ませんので、辛抱強くお待ちいただけると有り難いです。



音大附属音楽教室のマンモス発表会が、関わっている各校、全て終了し、
生徒さん達も精一杯歌ってくれて、これまで一緒に学んでくれた事を発揮出来た様子で☆安心しました。


全ての体験は《生きる力》になります!


継続も、自分の努力を信じる勇気となり、自信になります。一緒に頑張りましょう♪


さて、ここ最近の忙しさには理由がありました。
音大附属音楽教室で、新しく開設した《歌謡曲コース》の指導を依頼されてから、ますます生徒さんが増えてきました。


基本!なんでも歌い♪なんでも教えられる佐佐木に適した内容となり、

楽しみながら歌を学んでいただくポリシー☆も変わらず、毎日、どこかで教えております。


生徒さんの笑顔と、輝く声が聞けた時が、最高の幸せ☆なんだと実感している日々です。


☆感謝☆


image1.jpeg [53.1318359375 KB]
-
- 2018/11/07 ☆学長賞コンクールにて奨励 賞受賞☆
-
2018/11/07(Wed) 18:16 by ちかこ



相変わらず毎日がてんこ盛りで☆凄まじくお仕事三昧で☆幸せです♪


毎年この時期、息子は歌い過ぎて気管支から喉の状態が悪くなり、
咳喘息まで出てしまい大変なのですが、

今年は良いお医者様と出会えて、
飲む薬も少なくなり、咳喘息も出なくなりました。



10月の初めには音大オペラが無事に終わり、
スケジュール的には稽古も授業もレッスンも同時進行で、

イタリア人の指揮者のマスタークラスなども受けさせていただいており、
かなり毎日が必死な様子でした。



さらには、
音大の学祭の練習や、
宣伝活動などにも出演し、

相変わらず☆てんこ盛りで、
体がひとつでは足りない忙しさを、
なんとか楽しそうに☆乗り切っておりました。


野外ステージなどにも出演しました。


その後日、
バイト先の売り場に来た家族連れさんから、

「この前、歌っていたお兄さんだ!」と声をかけてもらい、
ちょっと気を良くしていたのでした。



ところが、忙しい日が続いての10月後半、

年に1度の音大での声楽コンクールである《学長賞コンクール》が明後日に迫った日の夜(先週)のこと。。。



バイト先から、

「熱が38度あるから帰ります。」と連絡があり、
絶不調の顔つきで帰宅して来ました。。。



熱はシッカリありましたが、
幸いにも喉の状態は悪くないらしく、

とにかく熱との戦いが、コンクールの日の朝まで2晩続きました。



とことん休ませて、
私は家の中でマスクをしながら、
出来る限りの知恵をフル活用して、
サポートしました。


(しかし、こんなことがあると、母は完璧に寝不足になり、仕事ではミスが出ない様にと珍しく緊張しました。)




さて、コンクールの当日は、
息子の熱は、なんとか下がり、

少しふらつきながらも音大に行きました。


この様な状態の時には、
勝負への〈欲〉は禁物です。



☆熱が下がって喉の状態が保てた体に感謝して、
☆本選に出場出来る事に感謝して、

今まで練習して来たことを、そのまま表現することが出来れば、
それだけで充分なのだと話し送り出しました。



私も久しぶりのオフ日でしたので、客席で静かに応援しました。



予選の時にはオペラアリア1曲だけでしたが、
本選では、そのオペラアリアと、新たに歌曲を追加して計2曲を歌いました。



出場者のそれぞれが、
オペラアリアは良く勉強出来て歌えていても、
歌曲に関しては得手不得手が出ていました。


まして2曲をキチンと表現する歌唱力も必要で、

息子は体力がない状態でしたので、
体力配分を考えながら、

無駄にリキまずに、
確実に響きを考えながら歌っていました。


声が維持出来て、息子らしく(地味に)歌い切れただけで安心しウルウルでした。




結果は、ダントツに素晴らしい歌を唄い上げたバリトンの4年生が、圧巻の1位でした。


なんと、彼はテノールとして3年間学習していたのでしたが、

イタリア研修の有名講師から、

「君はバリトンに変更したなら、素晴らしいキャリアを積めるよ!」と言われたそうで、
4年生からバリトンに変更し、

それが本当に生かされて、
素敵な声と☆素晴らしい表現力で歌い上げていました。


まさに☆ピカイチの1位入賞☆でした。



そして、
な♪なんと2位である〈奨励賞〉に、

息子の名が呼ばれました。


私が想定外過ぎて、
思わずマスクの下で、
「えー?!」とビックリな声が出てしまいました。



その時の息子の様子ですが、、、

結果発表時には出場者が楽屋から客席にいなければならなかったらしく、

息子はすでに諦めていて、タキシードの上着も蝶ネクタイも楽屋に置いたまま、
結果発表のために移動しただけだったそうで、
いきなり名前が呼ばれて、
ビックリしながら、
腕まくりもしたまま壇上に上がり、

そのまま表彰式となり、記念撮影もそのままで、
なんとも息子らしい受賞スタイルとなってしまいました。



兎にも角にも、短大から学部に編入をして、声楽をまともに勉強して4年目で、またひとつ結果が残せました。



帰宅した息子に、
『大きな親孝行だよ。ありがとうね!』と声をかけると、


息子は「うん。奇跡だ!オレはもう寝る。」と言って、
そのまま倒れこむ勢いで朝まで爆睡でした。。。



☆祝☆


image1.jpeg [30.9169921875 KB]
-
- 2018/10/28 ☆まずは自分自身☆
-
2018/10/28(Sun) 21:46 by ちかこ




《まずは自分自身☆》

そう自分に言い聞かせながら、日々☆生きている事☆に気が付きました。


自分以外の人達と関わる時に、

それぞれが持つ世界観や時間の感覚や、価値観や健康意識などが全く違うのは、ごく当たり前な事なのですが、

時として、同じ価値観をこちらへも求められてくる場合が多々あり、
寄り添うことは出来ても、
同調までは出来ないことを伝えています。



プライベートや仕事で、
以前より、かなり沢山の人達と関わっていますので、

自分自身☆のバランスを維持していることの必要性を痛感しています。




☆☆☆先日、3人ほど続けて、声枯れを起こした生徒さん達のレッスン&カウンセリングが続きました。



それぞれが御自身の症状に焦って、
対処法を強く求めてくるばかりで、

原因そのものへの認識が弱いことが最大の問題だと伝えました。


一緒に原因を考え、
改善するために☆やんわりと向き合いました。




私の仕事は、

歌うことに対する技術や知識をお伝えする以上に、

《歌うことで心身共に健康になること♪♪》です。


心から笑顔になるレッスンやカウンセリングをし続けることだ♪と、思って努力しています。



。。。さて、その3人はレッスン時間中に、知らず知らずのうちに声が少しずつ戻り、

私が「ほら!声が戻って来てますよ♪」と言うと、

「あれ??ホントに出てます!」と、皆驚き、笑顔になるのですから、
これほど嬉しいことはありません。


そして有難いことに、1〜2週間後には、皆、かなり回復していたのです。祝。



まずは自分自身☆

自分という厄介な身体や心と魂を知りながら、異変に気付き、対処し、
原因から底上げし、
ニュートラルな状態に戻すという連続に、
密かに喜びを感じられるようになりました。


☆全ての出来事に感謝を☆


image1.jpeg [60.140625 KB]
-
- 2018/10/19 ☆両親の介護☆
-
2018/10/19(Fri) 14:06 by ちかこ

毎日が忙しく☆価値ある時間がサクサクと過ぎています。


息子は大学オペラの後は、マスタークラスのレッスンでしごかれていた様子です♪音楽的知識や向上の為の、すごーく貴重な体験です!!!

心の痛み以上に、実力に直結している事を学んでもらいたいと思います。





さて、今日は私の両親の介護について書きます。

この数ヶ月、この件に関して、何度も書いてはやめて、また、書いてを繰り返してきました。


とりあえずハードな緊急事態の時期は乗り越えられましたので、

忘れないうちに書いておきます。

((興味のない方はスルーしてくださいね。))



。。。夏前でしたが、

父が検査入院をしました。


大腸に異常があるということでの検査入院でした。


検査を受けながら、大腸の小さなポリープを数個と、まさかの盲腸も、、
切除手術をしていただいたという内容を、退院の翌日に母から聞きビックリしました。(私は盲腸の手術を開腹手術で切除した人間ですので、かなりビックリでした。)



さらに、父の担当のケアマネさんが、
今年の4月から新しい30歳代の方になり、

母にとっては、ベテランのケアマネさん1人に夫婦2人分をお願いして、安心しきっていましたが、

父の担当の方の交代は、
精神的に、かなり一大事で(幸い母は以前と同じ方です)、

今までのツーカーな雰囲気とは全く違い、

話が上手く伝わらないとか、
スムーズな人間関係ではなくなっているらしく、
かなり不満が募っているのを聞いていました。



父の退院後、

そのケアマネさんから、
私に電話連絡が来て、

検査入院での手術などの内容説明がありました。。。


大腸で見つかったポリープがガンかもしれない!!というショックな内容でもありました。




。。。さて、ここで……少し前の流れを振り返れば、

4年前に息子の音大進学と、
私の音大への就職が同時期に決まり、

かなり珍しく母が喜んでくれて、

両親との話し合いの結果、

ケアマネさんや介護関係の皆さんにお世話になりながら《両親は富士山の見える山梨で暮らす》という形になり、
お互いに納得の上で、
私と息子は山梨を離れました。



それから4年目を迎え、

理解し合いながら、支え合いながら、

ここまで別々の生活を送ってきました。



しかし、両親の現実は《老老介護》状態です。


父の人工透析は週2回から週3回に増えましたし、

車の運転免許証を返納してからは、
父は自発的に外出をしなくなり、

母に促されて、一緒にバスで駅前まで出かけては、
駅近くのデパートで買い物と散歩とコーヒータイムを楽しむだけになりました。



父の認知症が進んでいるのは、毎回、会う度に感じてはいました。。。




。。。さてさて、その新しいケアマネさんは、

私達家族の過去の出来事は知らず、

母の精神的な疾患の症状で、
私や孫と向き合う時間が、ある限界を越えると、
感情や態度があからさまに豹変し、

想定外な攻撃に出ていた状態などは、
まだ、全く知らされていなかったらしく、

今、この様に離れて暮らしていることが、お互いに安全なのだということは、想像もつかないということが判明した言葉がありました。




新しいケアマネさんからの話の中で、

「お母さんと一緒に話をしましたが、ホントに穏やかで、お父さんのお世話を一生懸命されていて素晴らしいですよね。癒されます。」

「娘さん(私)は、お父さんの病状が良くない事はご存知ですよね?

今後、お父さんの通院にお母さんだけに任せるのではなく、
娘さん(私)にも同行することをお願いしたいのですが、甲府にいらっしゃれますか??

お医者さんから言われたことを、透析している病院や、私共にご報告していただきたいのですが、いらっしゃれますか?」。。。と。


まずは、どこでも誰でも、はじめのうちは自分を装うことが出来るものです。


新しいケアマネさんは、穏やかな母だとスッカリ騙されていますが、伝えるにはタイミングが必要だと思いました。


ですので、

私からは「最近の両親の様子は気にはなってもいますが、申し訳ございませんが、父の通院に随時同行することは、仕事柄、日程的に難しいと思います。

今後も、どうにかお願いすることは出来ないでしょうか。」

とお伝えしました。。


電話での、このやり取りから、
とにかく1度、会って話し合いをしましょうと言うことになりました。



時期的に、
両親の介護保険更新の為の担当者会議のある8月に、
ちょうど私と息子が山梨でのコンサートに出演した翌日、話し合いの日程を設定していただき、
介護と医療現場の皆さんにも都合を合わせていただきました。



父がお世話になっている透析の病院で、
両親をサポートしてくれている約10名の介護関係の方々に集まっていただき話し合いが持たれました。


(皆さん、本当にありがとうございました。)



それぞれの方々から、
最近の両親の様子や、今後の取り組みなどを話していただきました。


この担当者会議は、何度も参加してきましたので、内容や段取りに関しては理解していました。



その話し合いの最後に、
新しいケアマネさんから、
また、
電話で話されたことを、
再度、皆さんの前で私が聞かれる事があり、

再度、「申し訳ございませんが。。。」と謝り、
電話でお伝えした事と同じ内容を話し、あらためて皆さんに協力をお願いする事となりました。



とにかく同じ内容を、
介護関係者の方々の前で話すことで、納得していただくしかありませんでした。



そこで、
ヘルパーさん側から、介護保険適用外で同行するサービスがあるとの提案があり、
それを利用する事も考えてみたらどうか?という内容でした。



。。。それから、、この秋まで、

なんと!!父はさらに2回も手術を受けることとなりました。



提案のあったサービスを受けることに、
母に説明し、納得もし、

ケアマネさんに、ヘルパーさんの件で
話がついたと連絡をして、


いざ、手続きとなった時に、

また、母が首をたてに振らず、

結局、若いケアマネさんや、ベテランのケアマネさんに交代で、
病院への同行をしていただいている状態となりました。



先月末には、ベテランのケアマネさんとゆっくり話が出来て、

ケアマネさんから、
「お一人で全て頑張っているのは、私達も理解しています。

とにかく倒れないようにしてください。

私達で出来ることはしますので。お体に気をつけてください。」と、

暖かい言葉までいただきました。



自分1人で出来ることには限りがあります。

ありがとうございます。




そうこうしているうちに、
今度は、


父が胃がんかもしれない。。。と。。



ケアマネさんが協力してくださるおかげで、今の仕事が出来ています。


仕事をするということは一家の大黒柱として努力することなのです。



家族が在るべき形で、

自分自身も心身共に整ってこその、

社会との繋がりが持てています。



とにかく沢山の方々のサポートがあることに、
ただただ感謝しかありません。。



来春は息子も卒業です。それまで走り続けます。



☆全ての出来事に感謝を☆
-
- 2018/10/07 ☆夜の女王のアリア♪☆
-
2018/10/07(Sun) 17:10 by ちかこ





約20年弱前に、
練馬に住んでいた時からのご縁をいただいた生徒さん達が、
最近また習いに来てくれるようになりました。



山梨県に転居していた後も何度か来てくれてもいましたが、

それぞれが結婚をして新たな生活に入り、

出産をしたり子育てをし、あっという間に時間が過ぎてしまう中、子供の為に歌う日々となり、

はたまたボランティア活動が忙しくなり、あちらこちらで活躍をしている生徒さんなど、

生活の中で歌と共にある様子を知り嬉しい限りの佐佐木です。



そして、久しぶりにレッスンを受けに来た1人が、

なんと♪

オペラ「魔笛」より《夜の女王のアリア》を持って来ました。


久しぶりの難曲に、苦笑いしながら、
生徒さんに寄り添って、改善点をアドバイスしました。


本人曰く、憧れの歌手がいて、その方の様に歌いたいのだそうです。


目標があることは良い事です!!



今、音楽の外枠がわかっても、
これから熟成させていく時間が必要ですので、

いつか、得意なオペラアリアは《夜の女王のアリア》です♪と言ってもらえる様に応援したいと思います。



それから子育て真っ最中の生徒さんは、
やわらかな歌を唄い、それもまた、味わい深く、愛が溢れていて、
お子さんも幸せな気持ちで聞いているのだろうな☆と想像しています。


長い時間の経過があっても、また一緒に関われる有り難さは、本当に宝物です。



少しブログをお休みしていた間に、
前向きに取り組んだことがありました。


また後日改めて書きますね♪

《音楽のある日々に感謝☆》


image1.jpeg [88.0771484375 KB]
-
- 2018/09/21 ☆マンモス発表会♪☆
-
2018/09/21(Fri) 11:12 by ちかこ


先週末は音大附属音楽教室の、
ひとつのお教室での発表会でした。



参加人数が約70名ほどで3部に分けて、朝から夜まで続くマンモス発表会でした。


小学生から、70歳代の方々までが、
自分達の晴れの舞台にドキドキしながらも、一生懸命に演奏する姿は美しく、

(今、まさに沢山の学びを体験しているのだろうな!)と思うと、

全員が、1人ずつ、ステキなアーティストに見えたのですから、幸せでした♪


私が教えている生徒さんは、音大希望のサッカー部員君が初ステージを踏み、
70歳代の女性は、長年の夢だったオペラ「ジャンニ スキッキ」より〜私の愛しいお父様〜を原調で歌い上げました。

お2人共、見事でした!




今回の発表会では実行委員を頼まれて、

約4ヶ月前からベテランの先生方と一緒に準備を始めさせていただきました。


約70名のプログラムの順番を考えたり、
当日の係を決め(確認)たり、

私は他の楽器の先生方の名前や顔もわからない状態でしたので、
申し訳ないほどに役に立てない佐佐木でした。



当日は、
朝から実行委員が少しだけ先に集まり打ち合わせから始まりました。


第1部から第3部まで、生徒さん達も入れ替えをしながら、
演奏もサクサクとスムーズに、
大きなトラブルもなく進みました。



自分的には連日の疲れのままに発表会に突入し、
何とかかんとか最後まで、
体力も気持ちもギリギリ維持出来て、
無事に終了まで漕ぎ着けて心底安堵しました。



他の先生方は皆さんピカピカに若くて全く余裕のある感じがうらやましく、

私の歳だけは年長ベテラングループに入っている事など、リアルに現実を知り、

ちょっと面白く感じてしまいました。



帰りには、
「舞台に飾っていた鉢植えのお花を持ち帰ってくださいね!」と、気を使って言ってもらえたのでしたが、

さすがにくたびれ果てた上に、
五十肩の痛みも出ていたので、

思わず、
『ざんねーん、五十肩で重たいものは持てないの。』と、

自分の荷物でさえも、
来た時よりも重たく感じながら、

のんびりホールを後にしました。。。



この発表会は、
ピアノの生徒さんが多いのですが、
声楽、ヴァイオリン、フルート、サックス、大正琴などなど、約70人×1〜2曲=約120曲が頭の中を通過して行きました。



☆☆終わった時には耳の下が熱を持ち始めたので、
とにかく休憩が必要で、

思わずひとりで、日本酒を取り揃えているお蕎麦屋さんに入り、

まったり、ひとり酒と季節のおつまみと、お蕎麦を楽しんで、耳の下をおしぼりで冷やしてから帰宅しました♪

耳の下の痛みは1時間後には消えましたが、これも職業病のひとつです。

上手く付き合っていくまでです。



いやはや、
これから、この様なマンモス発表会に、
あと2つのお教室で関わっています。



ひとつは60人位で、
あとひとつは、
約100人位の生徒さんが参加するので、2日間に分けて行われます。



まさに秋は発表会の季節です♪♪


そうそう、小学生の女の子ちゃん達は、お姫様ドレスを着てステージに上がります。

それが可愛くて可愛くて、気分はすっかりバァバです♪

さあて、発表会に向けて今日もレッスンいたしましょう!


ちなみにスタジオルーチェのコンサートは3月に神奈川県で行う予定です!



☆音楽のある暮らしに感謝を♪☆



image1.jpeg [29.1533203125 KB]
-
- 2018/09/11 ☆仲間から歌がゲキウマだと 言われた!!との事♪♪☆
-
2018/09/11(Tue) 10:14 by ちかこ



音大受験を希望している女子高生の出来事です。




「先生!高校で歌の試験がありました。
上位6人の中に入れました♪
音楽の先生よりも仲間達が、
《ゲキウマだよ!!》って言ってほめてくれました♪
嬉しいです!!


今後も、よろしくお願いします(^。^)」


私『あらー☆良かったね〜♪
友達から《ゲキウマ!?》って言われたの????
最近は、そう言うの〜???』



………☆四捨五入したら還暦の☆アラ還 佐佐木☆には、
〔ゲキウマ!〕は、
食べ物についてのことしか思い浮かばないのですが、

歌の時にも使えるのですね♪面白い!!


(今度、使ってみようかな??って、いつ?)



毎日、日替わりに色々あります。。。



しばし、低空飛行していたはずが、


気がつけば、

ワクワクな風を皆さんが運んで来てくれて、
その勢いと、素敵な音楽に乗って気持ち良く飛んでいます♪


いつも同じ視野で生きていると、

その小さくなってしまった視野の中で自己肯定に必死になってしまうことが多々あります。


いつしか息苦しくなってしまいますよね。。。



様々な事を、少し違う角度から見てみると、
頭の中で納得したり、スーッと解決できる時があります。


〔ゲキウマ!〕

良いです♪♪


継続する力☆大切ですね。


応援しますよ〜♪♪♪


☆音楽と共に生きる日々に感謝を☆



image1.jpeg [24.7431640625 KB]
-
- 2018/09/07 ☆ うちの子が日本に帰国し ましてね♪☆
-
2018/09/07(Fri) 11:58 by ちかこ




神奈川で教えている、年配の女性の生徒さんから聞いた話です!!



「うちの子が日本に帰国しましてね♪しばらく孫とお嫁さんも我が家に来ていたので賑やかで大変でした!!」と、嬉しそうに話してくれました。



なんと御子息は、

アメリカの最先端医療の現場で臓器移植の医師となり、
日々研鑽と実績を積んで来ているのだそうです。



今回、縁あって日本へ帰国し、

最先端機器がある国立のとある病院の医師になったという話でした。



御子息のお母さんとして、とても心配することは、


《アメリカ暮らしが長かった為に、
日本での医療現場に馴染めるかどうか?》

なのだそうです。



「一匹オオカミ的にアメリカに渡って修行して、日本に何の繋がりもないのに、やっていけるかしら?

まあ、もし、無理だったら、帰国前にアメリカの☆☆大学から誘いも来ていたらしいから、
また渡ればいいと思っているんですよ。」

だそうです。。。



たまに医療ドラマでアメリカ帰りの医師が出てきて、
日本の医療現場で感性が合わず苦労するシーンを見た事があります。



せっかくの新しい技術を持って日本に帰国したのですから、
御子息には精神的に強くしなやかでいてもらいたい!と祈るばかりです。




『お母さんは心配事が尽きないものですよね〜☆
立派な息子さんをお育てになりましたね!

お母さんは大好きな歌が楽しく歌える様に、
今日も素敵な楽しいレッスンをいたしましょうね♪♪』


☆音楽のある生活に感謝☆












iPhoneから送信
Copyright (c) Studio LUCE All rights reserved.  
-
-