Studio LUCE Chika SASAKI  Official Website-
LUCE 〜イタリア語で「光」をあらわすことば
-
トップ | トピックス || プロフィール | レッスン | カウンセリング | コンサート | CD | ベルカント唱法 | ダイアリー | お問い合わせ [ RSS ]
-
- - ダイアリー
-
- -
前の20件 | 次の20件
-
- 2020/05/14 ☆この騒動が終わった未来か らみて、今の自分に何が必要 かを考える☆
-
2020/05/14(Thu) 13:22 by ちかこ

??


【☆この騒動が終わった未来からみて、今の自分に何が必要かを考える☆】


一瞬、目の前を通過した文章に、
☆ハッとした瞬間でした。。。




それまでの1ヶ月は、コロナウィルスの感染防止の為に、

(音楽の仕事が出来ない!)という現実に押し潰されそうになりながら過ごしていました。



日々、TVから流れるコロナウィルスの情報を受け続け、

医療現場で命がけで働く方々に感謝をしながら、

外出自粛が、
他人と接触せず、感染を防止する方法なのだろうと、

〈引きこもり〉になりました。




こんな私に、今、出来る事はなんだろう。。。




外に行動せずして、

焦りにも近い感覚で、

精神的に徐々に自分を追い詰めていました。



新たな病気が見つかった父の為に、今後の治療方針を話し合うべく甲府の病院へ同行する予定をキャンセルしました。


キャンセルする事に罪悪感を覚えました。


万が一、移動中に無意識に感染するかもしれない状態で、
人工透析を受けている父に会うことの方が、私には恐怖だと、正直に両親に伝えると、


母いわく、
「また新しく病気が見つかったが、もう色々しなくてもいいと思う。」と言い、
母が、私が連絡した日に病院の予約をキャンセルしたと聞きました。



翌日、ケアマネさんからも、
「この状況の中で、病院の待合室で何時間もいる事の方が心配だったので、今は様子を見るのも良いかもしれませんね。」と同意を得て、小さな罪悪感は消えて安心出来ました。




。。。この状況で、

何かを発信することに対して言葉を選んでいるうちに、

慣れない外出自粛がもたらした《見えない恐怖と不満のエネルギー》に、

自らの発信したい言葉は無力化し、

ことごとく消えてしまいました。




。。。2ヶ月の休校を体験する中で、


体力的には復活していましたが、

まだ私の心は休まらずにおりました。




【☆この騒動が終わった未来からみて、今の自分に何が必要かを考える☆】


その言葉は、

(この外出自粛が、
私達の為に天が与えてくださった時間なのだから、
次に動き出せる時には、

次の新しい未来という時間は、

クリアなエネルギーに満ちて、

自分に正直に行動出来る様な自分でいたい!!!)



そう思えるきっかけとなりました。。。




それから、シンプルに毎日毎日、

《断捨離》と《掃除》のセットを、
修行の様に寡黙に集中し行動しました。




《断捨離》の大まかな予定表を作り、

毎日、納得するまで動きました。




そこには音楽家という意識ではなく、


ひとりのお母さんとして、
家を片付ける意識にシフト出来た事は静かに幸せでした。




大好きなお香を焚きながら、

小さな家の中でコツコツ仕分けしながら、掃除しながら、

クローゼットや引き出しや、

大小の収納の箱を開けては、

ひとつひとつの物との出会いを思い出し、
感謝して手放し、


徐々に、あらゆる物との思い出が、
さっぱりスッキリ整理できる思考となっていく自分に静かな喜びが生まれました。。。



ようやく部屋の隅々まで、
どこに何があるかを全て把握出来ました。。。




特に時間がかかった作業は、

1000曲以上も溜まった楽譜達をジャンル別に分けて、
いずれ息子も同じ楽譜を使うだろう事を考えて、
探しやすい様にとファイルしました。



これらの作業には時間が☆たっぷり必要でした。



おかげ様で、音楽をする事から離れて、

その時間は☆たっぷり与えられている幸せに感謝しました。




その間、週に2回、買い物に出る以外は、

音楽は聴く楽しみに徹し、

息子にも協力を求め、

家の中の物を全て整理し、

生活環境を徹底的に改善しました。



今、暮らしている家が、
自分を癒すエネルギーフィールドとなる様にと願いつつ、
丁寧に作業をしました。



ようやく自分達にとって快適な家となりました。


私が今、求めていた必要な事は、

自分が心安らぐ空間での快適な時間でした。



まだ少しの期間、

緊急事態宣言での自粛は続きます。



この家に住んで6年目となりました。


朝、
磨いた窓に顔を近づけて外を見ると、
朝日が登る瞬間が見える事に気がつきました。


日の出に感動して涙が出ました。



それは静かな小さな幸せを手にしたヒトトキでした。。。



家という空間を手中におさめ、

過去の幼い言い訳や屁理屈を認め尽くしました。



私は環境と脳内を整理したかったのでした。


《終活》とも言える作業でした。


誰かがかわりに出来る事ではなく、

自らの手を動かし、静かに集中し、考えました。



誰かのために何かが出来る自分である為に、自分自身を進化するべく作業をしました。



【☆この騒動が終わった未来からみて、今の自分に何が必要かを考える☆】


☆外出自粛の日々に感謝☆


image0.jpeg [27.1435546875 KB]
-
- 2020/05/11 ☆お母さん。ありがとう♪☆
-
2020/05/11(Mon) 00:04 by ちかこ

??




お母さん。ありがとう。



誰もがお母さんのお腹の中で育んでもらい、
お母さんが命がけで産んでくれました。




当たり前の事ですが、
誰もが必ずお母さんという存在から生まれて来ているのです。



時々、その事を忘れてしまったかの様に、
まるで自分がらひとりで生まれ育った様な方に出会う事があります。



たまに、お母さんをナイガシロにしている話が出た時には、

まずは、
お腹の中で、血と肉と命を分けてくれたお母さんがいたからこそ、今、こうして生きているんだよ!と話をします。



基本的な性格は両親からの遺伝子を継ぎ、
さらには育った環境や生活の中で、
望む望まないかは別として、

人格が決まるものでもあります。



それでも、ある程度の成長過程で、
その人格を自力で改善するチャンスは必ず来ます。



もし環境や親を何らかの事で恨んだり、ナイガシロにしているのであれば、、


今、地球レベルで、世界中で、

コロナウィルスが、
沢山の命を奪い、


それを救おうと努力してくださる医療従事者の方々が、感染の危険性と向き合いながら、
感染者となった方々と関わってくださる勇気は、
尊い使命感を感じています。



どの人も、どちら側の人も、

お母さんという存在から生まれた大切な命なのです。



だからこそ、毎日を大切に過ごし、

未来に繋ぐ命なのです。



今いちど、

お母さん。ありがとう。。。



image0.jpeg [62.3916015625 KB]
-
- 2020/04/02 ☆4月ですね。お陰様で静か に元気にしています!☆
-
2020/04/02(Thu) 21:04 by ちかこ

??

4月になりました。


新型コロナウイルスの影響で、

音大附属音楽教室の休校が、

さらに4月半ばまで休校延長となりました。。。



日々、感染が拡大する状況の中で、
皆さんはどの様に過ごされていますか???



私は2月末から過密スケジュールが消えて、
突然☆人生の休暇☆を与えられ、

そして。。約1ヵ月が経ちました。。




父が、さらなる病気が見つかり心がザワツキました。


色々と考えることもあり数日寝込みましたが、、、

なんと!!!寝込めた事で、
体に蓄積していた慢性疲労がスッカリ回復してしまいました。



日常は、息子との暮らしの中で、

お母さんとして家事をこなしながら、

距離感を上手く保つ努力をしています。




突然の変化と、
世界レベルで崩壊してゆく状況をテレビで見るにつれて、

〈プチうつ状態〉になり、一時、苦しみました。


時々、ブログを書きかけては……やめて…また書いて……、

そんなことを何度も何度も繰り返しました。


大好きだった志村けんさんの追悼番組を見て、
泣いて笑って泣いて、

ようやくブログをアップしようと思えるようになりました。


御冥福をお祈りいたします。。。


〜☆〜☆〜☆〜


☆☆☆☆☆普段の《音楽を教える仕事》が、

《ウイルス》という不可抗力によって出来なくなるという想定外の出来事は、
生き甲斐を無くすかの様な痛みを感じました。



過去に2度体験した大震災の精神的衝撃よりもはるかに大きく、

〈無価値感〉が想像以上にのしかかりました。



有難いことに、

【時間という点滴】が、心身魂にゆっくりゆっくり染み渡り、

長年、背追い込んでしまった負の記憶からも解放する作業が沢山出来て、
エネルギーが戻って満ちて来ました。


生きてさえいれば大丈夫だと再確認しました。



刻々と変化する状況で、

「大きな声で歌うこと」が禁止された今、
学校でも音楽の授業の中で、歌うことも禁止です。

凄い世の中になりました。



目に見えないウイルスという敵(?)は、
他人との温かい交流をも遠ざけます。



漠然と他人と繋がっていた幻想は、

バラバラに解き放たれ、

本来の価値観は違っていても、

一人ひとりの行動が、

大きな協力をしあえる社会となる様に、
 ☆☆まずは静かに心元気に暮らしながら、
ウイルスを怖れないことなのだろう……と思っています。。。



過酷な医療現場で、ウイルスと闘ってくださる医療従事者の方々に感謝しています。


この時期にウイルスに感染してしまい病と闘っている方々が無事に回復されますことをお祈りしています。


いつどこで、どんなに気をつけていても、何も思い当たらない状態でも、
感染してしまうかもしれません。



大袈裟な感覚ですが、腹をくくって生きていくしかないと思います。



そして感染してお亡くなりになってしまった世界中の皆様の御冥福をお祈りいたします。



☆☆☆とにかく命を守ることを大切に、
今どう行動するのが良いかを考えて生きてゆきましょう!!☆☆☆感謝☆☆☆


image2.jpeg [32.7431640625 KB]
-
- 2020/02/29 ☆ご報告!!2/23に推薦音楽 会が開催されました☆
-
2020/02/29(Sat) 20:40 by ちかこ

??

ご報告が遅くなりました。


昭和音大 音楽教室に通われている生徒さん方からのオーディション合格者による
【推薦音楽会】が2/23に開催されました♪
私が教えている生徒さんも1名出演いたしました。


(この嬉しいお知らせを作成している途中で、新型コロナウィルスの防止対策の指示を受けて音楽教室が2週間の休校が決まりました。

その為、補講予定を考えたり、今後のスケジュール調整などに慌てていました。)




☆☆☆とにかく、
この演奏会が時期的にギリギリでしたが、開催出来た事は、今になって考えれば奇跡的だったと思って感謝しています。



昨年、小学生の生徒さんが、
長年習っている音楽教室のピアノの先生から、

「歌も学んでみたら?」とのススメがあって、私とのご縁をいただき、
春頃から声楽を習い始めました。



地声がピカピカに響く持ち声でしたので、
まずは普段小学校で歌っている曲や童謡などを自由に楽しく表現することから着手し、
同時にソルフェージュなども少しずつ勉強してきました。



数ヶ月間で目覚しく上達し、
昨秋の音楽教室の発表会では全身全霊でミュージカルナンバーを見事に歌いあげてくれました。



すると、ピアノの先生がその歌声に涙するほど感動したのだそうです。



同時期に学校でもミュージカルの主役に選ばれるという活躍ぶりでした。




それらの発表会後に、
ピアノの先生から、


「【推薦音楽会】へ出演する為のオーディションを受けてみたら?!」との、
さらなる提案がありました。



私の今までの理解では、【推薦音楽会】に出演出来る生徒さん方は、

ピアノや他の楽器でのコンクール入賞の生徒さんが出演するレベルだと考えていました。



ススメてくださったピアノの先生は音楽教室ではベテラン先生ですので、

何名も【推薦演奏会】に出演させてきた経験上、

「彼女の歌はオーディションに合格するくらいのレベルだと思いますから、ぜひ受けさせましょう!!」という有難いサポートをいただき、

今年に入りドキドキのオーディションを受けて、
見事合格し、

晴れて【推薦音楽会】への出演となりました。



なんとプログラムを見てみたら、
小学生からの声楽での出演は、
この生徒さん1人だけでした♪


案の定☆前後の生徒さんは、ピアノでのコンクール受賞歴のある様な優秀な生徒さんでした。



☆演奏会当日は気合いを入れて、

朝からミニレッスンをして、リハーサルも立ち合い、

本番に向けては、とにかく自分自身に集中することと、
緊張で筋肉が固まるので、
肩から腕をマッサージをしながら本番に送り出しました。



幸いにも、そのベテラン先生がピアノ伴奏をしてくださったので、
生徒さんは安心して歌えた様子でした。



☆☆無事に歌い終えた本人の感想は、


「あ〜。気持ち良く歌えたよ♪楽しかった(^^)」

☆☆☆☆☆☆祝☆☆☆☆☆☆


次のレッスンで色々とお話しよう!と思っていましたが、

新型コロナウィルスの防止対策により、
まさかの休校となってしまいました。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さてさて、生徒の皆さん!!


音楽教室が再開しましたら、

またレッスンを一緒に楽しみましょうね!!


それまでの期間はコツコツと練習していてくださいね。


宿題以外にも新しい曲にもチャレンジしてみてくださいね。


体調管理には、くれぐれも気をつけてくださいね。


☆全てに感謝を☆


image0.jpeg [19.626953125 KB]
-
- 2020/02/23 ☆おめでとうございます ♪☆
-
2020/02/23(Sun) 21:54 by ちかこ



山梨県在住の幡野さんから、


2/16に開催された、

【山梨ポピュラー音楽フェスティバル】にて、
☆審査委員特別賞☆を受賞しました!!


との嬉しい知らせが届きました。



おめでとうございます♪祝♪


地道に活動を続けて来た幡野さんへの素敵な御褒美でした。
まさに継続は力なり!!です。



恒例の夏のソロライブを、今年も8月に開催いたしますので、

是非、幡野さんの歌声を堪能していただきたいと思います。



☆☆☆祝☆☆

image3.jpeg [307.673828125 KB]

image4.jpeg [244.4033203125 KB]

image5.jpeg [318.26953125 KB]
-
- 2020/01/30 ☆全ては自分に還ります☆
-
2020/01/30(Thu) 10:04 by ちかこ

??
??




少し前に体調を崩し、1週間のファスティングで☆なんとか復活しました。



年末年始の休みがあけてから、
全く休みなく過密スケジュールをこなしていたところ、


心は常に前向きでしたが、


ある朝、朝方に物凄く冷え、

体がいきなりストライキを起こしました。



想定外の絶不調となり、体が動かず、

血圧は振り切り、(高すぎて書けません)



病院に行く気力も体力もなく、

とにかく、この緊急事態に、

慌てず、静かに動きを止めて考えました。


(うーん。。これは困った!!)



胸に手を当てて「どうする事で体は回復する?」と自分に聞いてみました。



すると「食べないこと。」とヒラメキがささやきました。



(食べないと持たないよ。。。)


そう思う自分と、


(きっと回復する!)と思う自分とが頭の中で☆せめぎ合い、


「どうせ動けないなら、どっちみち、食事の準備は自分なのだから、調理も出来ないし、息子には仕事帰りに買って帰るか、外食して来てもらおう。
私は食べないことを選択しよう!!」


☆☆意外とあっさり☆固形物を取らないやり方のフ《ァスティング》を、1週間続けました。



最初は調子が回復することに特化して、

その日の午後からは動けるようになり、

3日目には体調も気力も戻り、

時間の経過と共に慢性的なダルさや、
体のアチコチの痛みが軽減されて来て、


1番問題の血圧が正常値に戻りました。




私は過去に何度も《ファスティング》をして、体調のコントロールをしてきた経緯があるので、

今回も、この方法での自分の変化は想定内だと安堵しました。




ヒラメキに従って、
急きょあの日から《ファスティング》を開始し、

体調が悪すぎて食欲がなかったのを幸いとして、
家にあった豆乳を薄めて飲みながら、
味噌汁風にしたり、スープにしたり、
ココアにしたり、

途中からプロテインとアミノゼリー とマルチビタミンも追加しながら、

セントジョーンズワードも飲んで夜は休みました。



5日目くらいに、「このまま食べなくても生きていけるかも?」と、変な境地に至り、
空腹感を快適に感じながら、

7日間を過ごしました。



それから〈回復食〉という時期を同じくらい1週間は必要で、徐々に普通食に戻していきました。



大根を使った「スッキリ大根!」という煮野菜から始まり、
野菜中心の食事で過ごしました。



今では、またまた匂いに敏感になり、味覚もさらに冴えている気がします。



シンプルな豆乳も4種類くらい飲み比べて楽しめました。



とにかく、普通に(?)暮らし食事をしていたのでは、
私の体は血圧に影響が出てしまいます。




この状態は父の遺伝もあります。



父は若い頃に90kgまで太り、高血圧症で30歳後半には入院をしていて、
やがて40歳前半で糖尿病になり入退院を繰り返し、失明ギリギリを免れて、
60歳後半で心筋梗塞の大手術をして一命を取り止め、
70歳後半からは人工透析が始まり、
今に至るという経過をみてきました。




その父に似て肥満遺伝子を持つ私としては、
すぐに太る事と高血圧症に悩みながら、

常に肥満領域をウロウロしている30年間でした。


もうすぐ還暦の歳周りになるので、
今回をキッカケに、
全ての見直しをしています。



命あっての、
動ける身体があっての私です。


節分の前の今、ちょうど良い心身魂のリセット期間となりました。



自分の身体は、自分で管理し、自分で癒す事が大切だと思います。



全ては自分に帰ります。。。感謝。




image1.jpeg [52.7890625 KB]
-
- 2020/01/14 ☆今年もよろしくお願いいた します♪☆
-
2020/01/14(Tue) 14:10 by ちかこ

??



今年も宜しくお願いいたします♪☆♪

(遅ればせながら、ようやくアップしてます。)



1/5からバタバタとお仕事をして、

走り始めております。。。



☆年末年始のお休みは、
お陰様でノンビリと過ごせました。



お休みに入った2日間は脳内電池が切れたかの様に、

体が全く動かず、

何も考えられず、

ナマケモノの如く、

罪悪感なく☆ただひたすら寝てばかりいました。



倒れ込む様な過労状態だったのを、

たっぷりの睡眠で補った感じでした。


そのまま、

久しぶりに紅白歌合戦を見て、

新年を迎えました。。。




☆☆☆☆☆さてさて、

今年からは、
自分の為のリラックスする時間を少しずつ増やしていこうと思います☆☆☆


年末のナマケモノ体験をした時に、

〈脳内が静まる時間〉という☆奇跡を体験をしました。



時間が生クリームの様に滑らかに、
私を通り過ぎていく至福感覚を☆味わいました。



自己分析をすれば、

生産性の無い時間を過ごす事への《自己無価値》はヤンワリと消え、

自分を許せた有難いヒトトキでした。



しかも、ちょっと佐佐木ワールド的な事があり、

(もう十分頑張ったね。)と不思議な存在からも☆フワッと包まれる感覚があり☆かなり幸せでした。


〈まさかのお迎えが来たかとも思った瞬間でしたが、シブトクまだ生きてます。〉



2日間たっぷり休んで、

ゆるんだ脳と体には、

仕事始めの日には、
意外にも早く疲労感が起き、

集中力や体力が、普段の半分くらいの時間で散漫になりかけて慌てました。



毎日、ピアノを伴奏する形で、

5時間以上弾いているので、

指と肩と腰への負担がイキナリ痛みとして発症し、慌てました。。。




体の声は、こんなにも意外と早く訴えてきていました。



やはり、

心身魂のバランスは、

〈今〉の仕事の為に気を配り、維持することが、

必要不可欠だと痛感しております。




音楽を通して、

☆自分以外の人達とコミュニケーションをする事は、

大なり小なりストレスは起きるのは当たり前です。



見えない世界の領域では、

それぞれが個々に発している周波数を、

空間を同じくする事により、

お互いに影響し合っているのだそうです。



どの様な人とも時間と空間を共有して生きていくのがこの社会です。


だからこそ、自分からはネガティブエネルギーを発しないことが肝心だと、
感情のクリーニングを常に続けています。



☆レッスンは一期一会の時間です。



日々の関わりを有難く思い、


常に心の立ち位置を静観しながら、


なるべく私の小さな自尊心を保ちつつ、


自分を少しずつ高めながら過ごしたいと思っております。



今年も☆沢山の出会いと経験が私を育ててくれるはずです。



十人十色。


みんな違って、みんないい。



それぞれの価値観の違いを知り認め、

自己表現や自己主張の何たるかを楽しみながら学んでゆきたいと思います。



次なる新たな展開をも模索しております。



そして、いつもながら沢山の感謝を積み重ねてゆきたいと思っております♪


それでは、
今年も宜しくお願いいたします。感謝。




image0.jpeg [33.7275390625 KB]
-
- 2019/12/31 ☆今年も有難うございました ♪☆
-
2019/12/31(Tue) 20:22 by ちかこ

今年も有難うございました♪

お陰様で仕事三昧の1年でした。



息子は大飛躍を迎えた1年でもありました。


この春に、(女手一つで)息子が音大を卒業させた事は私の誇りです。。。


沢山の葛藤を繰り返しながらも必死に歩んだ音大4年間でした。



そして息子の努力とチャンスで、
オペラデビューを果たした事も幸せでした。


来春からは藤原歌劇団に入団(準団員として)する事も決まり、
まずは一安心しました。


秋のオペラ公演の後、
本人が〈チャレンジをしてみたい!〉と受けたオーディションに合格し、

私が過去に入団した年齢よりも早く入団する事になり、

今後の活動を是非☆応援をよろしくお願いいたします。




息子は休む暇なく演奏会が毎週続きました。


一昨日、

〈第九〉の合唱団として歌い納めをし、
1年を締め括った充実感に満足気でした。



私もサポートをし続けている親バカ☆として、心からホッと安堵しました。



咳喘息の薬を服用しながらも、

声枯れを起こさずに歌い抜けた日々は少し自信にも繋がっただろうと思います。


(父を亡くした悲しみは、音楽に集中することで癒されていく様子にも安堵しました。)



1週間前には岩手県久慈市での演奏会にも出演させていただいたのですから、

息子の活動範囲は沢山の方々との御縁で少しずつ広がりを見せております。



来年は北海道での演奏会にも出演が決まっております。



これからも、

歩み続ける日々の中に、

沢山の出会いと学びをいただきながら、

自分の心に正直に、

《感謝》して過ごします。



☆☆☆今年も有難うございました。


良いお年をお迎えください☆☆☆
-
- 2019/12/20 ☆泣いて笑って、おめでとう !!☆
-
2019/12/20(Fri) 13:06 by ちかこ

??



佐佐木親子は、年末恒例の怒涛の日々を過ごしております。



実は、息子にとって、

スゴく嬉しかった事の直後に、
人生最大の悲しい出来事がありました。



ようやく、その悲しみを乗り越えて、

次なるステージに進めましたので、

今日、ここに何を乗り越えたのかを書いておきますね。




10月、、、

あのオペラでの笑顔の写真の〈翌日〉のことでした。。。



関西から、私達の知らない弁護士事務所から息子宛に封書が届きました。



その内容は、

息子の父(私の元夫)が9月に亡くなっていたこと、と、、

さらには、様々な事情により負債を抱えたままの死去となった事、

その為、
関西の元家族が弁護士事務所を通し、


息子の居場所を探し、
負債の相続放棄の手続きをするべく内容の書類を送付した……という内容でした。




私達は、元夫が再婚してからは住所も知らされずにいました。



それでも息子には父なので、
息子とだけは数年前までは連絡が取れて会っていたりもしていたのでしたが、

息子に父の病気(ガン)がステージ3だと連絡が来てからは、
しばらく連絡が取れなくなっていました。



。。。結局、この様な通知が、

あのオペラの翌日に受け取る事となってしまったのでした。



息子は、念願のオペラにキャストとして出演出来たことや、

イタリアから来日した先生方のマスタークラスを受講出来ている事など、

「ここまでの努力を伝えたかった……」と、
声をあげて泣きました。。。




子供の頃以来、
あんなに声をあげて泣く息子を見たのは久しぶりでした。



会えなくても、息子には唯一無二の父でした。。。


父を亡くした悲しみは計り知れないものです。。。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆しかし、

オペラ公演の直ぐ後からは、

1ヶ月間に渡るマスタークラスの受講があり、

古典のオペラ全曲と、

異なるオペラアリア6曲と、

オペラアンサンブル3曲もの課題が出され、

その難しさに、折れた心に追い討ちをかける様にのしかかり、

悲しみと難しさに、しばらく声なく泣きながら、
譜読みをしては受講し続けていました。



イタリアの音楽祭と連携したイベントの一環として、
若手の歌手を育てるというマスタークラスでした。



私的にどんな事情があったとしても出来ない理由は通用しない世界ですので、

食い下がる様な勢いで学んでいく日々でした。


受講生によるコンサートも☆満身創痍での出演で、
本来は譜面を見ながら歌う形式で大丈夫でしたが、

他の出演者は譜面を見て歌っていたのですが、、

息子の出番前に☆指導者が「雄一郎は譜面を見ないで歌えるね??」と笑顔で言われたらしく、

譜面を持たずにステージに出てきて、

譜面台を横に置いた段階で、

私は、ハッ!と驚きましたが、

息子は物凄い集中力で、

暗譜で歌いあげていました。



こんな大変な精神状態で、本当に良く頑張り通したと、
母はひとりウルウルしながら聞いていました。。。




受講生として選ばれた周りの先輩方は、
ほぼ藤原歌劇団の団員であったことに刺激を受けたのか、


そのコンサートのすぐ後、

急きょ、締め切り日ギリギリに飛び込む勢いで、
《藤原歌劇団の団員オーディション》を受けたのでした。



オーディションの時には、
かなり緊張してしまったらしく、

納得がいかない歌を歌った……と、
落ち込んでしまいました。



(今年がダメでも来年また受ける。)と言いながら、半ば諦めていました。。。



私も、音大卒業で直ぐに藤原歌劇団の団員オーディションは難しいだろうと感じていましたので、
〈経験は力なり!!〉と次へのチャンスへ切り替えていました。



結果が出るまでの2週間は、
次のコンサートや、
新たなイベントの稽古に追われていて、少し気持ちも立ち直れた様子でした。



☆☆ところが、まさか、まさかの♪

☆☆☆【合格通知】が届きました☆☆☆


思わず親子揃って、

『えーーー!!?』



ついに来春からは、

藤原歌劇団の準団員になります。


プロとして活動します。



来年の6月には御披露目コンサートもあるそうで、
その日だけは、私も仕事を休んで応援に行くつもりです。


また、近くなりましたら、お知らせをアップしますね。



今日の写真はマスタークラスのコンサートでの写真です。


☆祝☆合格おめでとう!!☆

人生、山あり谷ありです。


乗り越えて得た心の強さは財産です。


☆祝☆




image0.jpeg [326.3173828125 KB]
-
- 2019/12/11 ☆またまた、おめでとうござ います!!☆
-
2019/12/11(Wed) 21:54 by ちかこ

??



前回のブログで、

サンリオピューロランド前の、

黄色く色付いたイチョウの木の写真をアップしました。



なんと!一昨日、

以前、歌を教えていた高校生の生徒さんから、

「サンリオピューロランドのダンサーのオーディションに☆合格しました!!」との連絡が来ました。



☆すごいです!!!


おめでとうございます☆


本当に良かったです!!



常に努力・努力の生徒さんでした。



ダンスではプロ並みの活動をしていて、
平日はダンススクールに通い、土日はイベントで披露する連続でした。



アクロバティックなダンスにチャレンジした時に腰を痛めてしまい、

その時に表現の一環として、歌を習いに来たのが出会いでした。



夢がピューロランドのダンサーになる事と明確でした☆☆☆☆☆


私のところでは発声の基礎をお伝えし、
感性が抜群でしたので、

ミュージカルの歌と、イタリア歌曲とを
歌い分ける力も備わりました。



様々な悩みもあり、

たくさん涙しながら心のわだかまりを話してくれて、

私なりのアドバイスをさせてもらい、

「とにかく前に進もう!!」と頑張っていました。



オーディション対策として、

ミュージカルで活躍している先生にバトンタッチをして、

さらに、そのオーディションに対応して指導しているダンススクールにも通い始めました。




オーディションは、物凄い倍率だと聞いていました。




☆☆☆来年にはピカピカの笑顔で、
ピューロランドデビューとなりますね!!


絶対に応援に行きますよ〜☆☆☆


☆本当におめでとうございます!!☆


image0.jpeg [77.1552734375 KB]
-
- 2019/12/08 ☆師走を爆走しています!☆
-
2019/12/08(Sun) 10:24 by ちかこ

??


師走ですね。。。


今年も昨年以上に師走を爆走していますよ。



生活の約3分の2くらいの時間は、

音楽を教えたり、

カウンセリングをしたりと、

有難い事に☆いつもいつも誰かと関わって暮らしています♪♪


毎日、☆生きる&学ぶ☆時間を共有させていただいて感謝してます。



さて、私の歌のレッスンは、

ただ譜面を読んで素敵に歌える様になるだけには留まらず、

一人ひとり、日常生活のクセなどで固まってしまった筋肉のつき方などを、歌い方を見て判断し、

可能な限り、
体育会系な動きを導入しながら、

その人その人に合ったクセをゆるめる動きをアドバイスして、
歌声に良い変化をもたらす様なレッスンをしています。



その動きや、体のポジションに生徒さんが納得出来れば、
進化も早く、
筋肉強化を増やし、ストレッチも楽しみながらレッスン中に手応えを感じてくれています。




夏過ぎに、
大学の先生から紹介されてレッスンを受け始めた大学院生が、

「もっと早く佐佐木先生と出会って、体を使う歌い方を知っていたら良かったのに!!」と嘆くので、

『この時期だからこそ出会えたんだ!と思って、今に集中して、体の事を理解しながら進化する事を楽しみましょうね♪
お互いの人生の中で、偶然、今、関われている貴重な時間なのだから、気がついた事は全部伝えていくから、前向きに取り組んで活かしてね♪』と話すと、

ポロポロ涙をこぼしながら、

「佐佐木先生に出会えて本当に良かったです!頑張ります!!」と言ってくれました。

ピュアな方だからこそ理解と変化は加速しています。



☆☆☆この様に私との時間を前向きに受け止めてくれる方々には、
どんどんエネルギー交流も起きて、色々な面で活性化してゆきます。



時々、欲張り過ぎてしまう方もいて、

ご自身の変化にはコツコツと積み重ねる根気と、継続する努力が必要なのですが、

変化のペースを急ぐあまりに、即効性を求め、

空回りしてしまい、

しまいには、
「レッスン室を出たら元に戻ってしまう!!」とイライラをぶつけてくる場合もあります。



何年?何十年??もの体や思考のクセが、
1回のレッスンやアドバイスで良くなる様な奇跡を☆私は起こせませんよ。

(あしからず。。。)



自身で受け止めてから、
どの様に継続するかで、
その先に結果は出てくるものです。



最近、特に実感するのが、
その事実を理解し、
キチンと取り組んで変化を体験した人達とは、

現在も楽しく何十年も関わって、

お互いに良い情報交換も出来、

この様な私のことをサポートしてくれる人達も増えているのですから、
継続は力なり!!


有難い限りです。


歌声を良くするのは、喉の力だけではないのですよー♪

☆感謝☆

image0.jpeg [35.7294921875 KB]
-
- 2019/11/30 ☆おめでとう!!が続いてい ます♪♪☆
-
2019/11/30(Sat) 23:18 by ちかこ



先週、生徒さんの1人が☆故郷の沖縄で、初のコンサートを開催しました。


故郷で暮らす御高齢のお母様へのステキな☆親孝行コンサート☆となりました。


御兄弟も集結し、

地元の皆さんにも集まっていただき、

台風の影響が出ている中でドキドキしましたが、

無事にコンサートが開催出来ました。



本当に本当に良かったです。



☆祝☆コンサート大成功!!おめでとうございます☆☆☆



そして♪


昨日、音大受験をした生徒さんから、

「合格しました!!」との嬉しい報告が届きました。



☆合格☆おめでとうございます!!



これで、ご家族の皆さんも一安心ですね♪♪

ご家族の理解と協力があったからこその《合格☆》です。


これからの4年間もサポートを、どうぞどうぞよろしくお願いしますね♪



さてさて、振り返れば、

息子の音大受験から始まり、

関わった生徒さん方は全員合格し、

私立・国立含めて5年☆連続合格をしています。



生徒の皆さんの努力が実り、

毎年、笑顔で送り出せる幸せをいただける幸せは、
まさに先生冥利に尽きます。




音大入学までに準備する事なども沢山あり、
合格後も継続する生徒さんには、 
それらに関しても、

不安の無い入学となる様に、楽しくサポートをしています。



この様に縁の下の力持ち的にサポートが出来る楽しみをいただき、

ワクワクとドキドキに☆☆心から感謝しています♪♪♪


☆☆☆☆☆祝☆☆☆☆☆


cid:6B11F367-C627-454F-B77A-7D2869F7D155-L0-001.jpg [59.5048828125 KB]
-
- 2019/11/26 ☆是非、応援にいらして下さ い!!☆
-
2019/11/26(Tue) 11:16 by ちかこ





最近の忙しさは尋常ではなく、

流行りの風邪をひき、体調も優れず、

なんとか21連勤を無事に完了し、

ブログを書く時間も取れませんでした。



この歳になると、仕事を続けさせてもらえるのは、やはり健康第一です♪


他人様のサポートも大切ですが、自分の健康とメンタル管理をしっかり出来てこその仕事です。


普通の人間ですので、時にはご要望にお応え出来ない事もあります。ご了承くださいね。



☆☆☆さて、息子の雄一郎からコンサートの宣伝をして欲しいと頼まれましたので、
ここにチラシを載せておきますね。



音大の学生時代からの仲間4人が、
グループ名を進化させて活動をしています。


是非、応援にいらしてください♪♪


image0.jpeg [353.515625 KB]

cid:4B7BB41C-7C2F-49FE-B14D-7FA62017DC56.jpg [34.85546875 KB]
-
- 2019/10/11 ☆ついに息子の雄一郎かオペ ラデビューしました!☆
-
2019/10/11(Fri) 21:10 by ちかこ


今日は息子の事を書きます♪

今年の春、音大を卒業してすぐに、秋に開催する音大オペラへのキャストオーディションを受けて合格しました。


約4ヶ月の稽古を経て、

先日、10/6ついに☆オペラデビュー♪を果たしました!!!



前回、息子の状態を自転車に例えましたが、
デコボコ道を何度もパンクをして、
そのたびに修理をして、

ツギハギだらけのタイヤに空気を入れては走り続けて、

ようやくゴールにたどり着いた感じです。



オペラ「フィガロの結婚」のバジリオ役として劇場デビューが出来て、

息子の人生を大きく前進させる役柄だったと思います。



幸いにも、その役柄が面白く、

《いかに自分を捨ててハジケていられるか???》が演技をする上での大きなチャレンジだったようです。



音楽の作りは全体的に早く、

まるで暴れ馬に振り落とされない様に、音楽に乗り続け歌うバランス感覚が必要な様子でした。



周りのキャスト陣は先輩方ばかりで、1番年若という事で、

稽古中は、
先輩から教えていただいての〈お茶係〉をしていました。


稽古が始まる前には椅子をセッティングする事も必要でした。


いつも遅刻ギリギリに行動するタイプが、(なるべく早く行く)と気持ちを引き締めて稽古に向かう姿を見て、
親として、少し嬉しくもありました。



演出家も指揮者も世界のオペラ界で活躍している方々とあって、
お2人が揃ってからは、
休みはほとんどない状態で、
毎日が全て学びだった様子でした。



一日中稽古に参加した後に、バイトに駆け込み、

先輩方とのお酒にはほとんど行く事がなく、ムズムズしていました、


1日だけ酔い潰れるほど飲んだ翌日は、

さすがに喉の状態の方が心配でした。



何があろうが、何を言われようが、
毎日☆毎日☆切り替えが必要でした。



喘息が出ないように、喉の状態が悪化しない様に、
耳鼻科と呼吸器科の通院もしながら稽古に通っていました。



オペラ当日の朝は、
ドキドキしながら出かけたのを見送り、

親バカな私は、客席にいて、
息子が舞台に登場しただけで震えて泣きそうでした。


しかも、自分が舞台に出るよりも緊張しました。



今回、息子の若さが出る様な演出には感謝しました。



モーツアルトが「フィガロの結婚」をウィーンで初演した時に、
バジリオ役は息子とほぼ同じ歳の歌手が歌ったという事が稽古途中でわかり、
無理に歳を重ねた演技にしなくても大丈夫だと知り、勝手に安心していました。



応援に来てくださった皆さんは、とても楽しめたらしく、出来の良し悪しは別として、

「良かったですよ!息子さんの個性が溢れていましたね☆おめでとうございます。」と喜んでくださいました。



山梨からも中学時代、高校時代とお世話になった先生方まで応援に来てくださり有難うございました。



トラブルなく無事に舞台が終わり、
本当に安堵しました。



もし、今後もオペラを続けて行けるのであれば、この役はピッタリで、
歳とともに熟成させる楽しみがあるかもと☆思っています。



皆様のおかげで息子がオペラデビューを果たしました。

ありがとうございました。☆感謝☆


。。。大型台風が近づいています。


なるべく被害が少なく通過して欲しいと祈ります。。。どうか万全の備えを。



image1.jpeg [32.85546875 KB]
-
- 2019/10/05 ☆歌姫だった佐藤しのぶさん 。。☆
-
2019/10/05(Sat) 12:10 by ちかこ


佐藤しのぶさんが亡くなられたとニュースを見てショックを受けました。


まだまだ活躍出来ただろう才能を思い、
自然に涙が出てしまう悲しみが幾度となく溢れます。



彼女が歌姫として存在してきた努力の歳月は、想像以上に過酷な人生だっただろうと思いました。



癒しの歌を歌っているはずの彼女が、
私には戦士の様に感じていました。



どうか、ゆっくりお休みください。。。




同じ音楽の世界に生きる旦那様、
そしてご家族の心の痛みが、
ゆるやかに癒えることを祈ります。



歌姫だった佐藤しのぶさん、

心から感謝と共に御冥福をお祈りいたします。


合掌。






-
- 2019/09/29 ☆お久しぶりです!おかげさ まで凄く元気です☆
-
2019/09/29(Sun) 18:40 by ちかこ



お久しぶりです!!おかげさまで凄く元気です。



山梨のコンサート以降、怒涛の如く仕事が舞い込んで来て、
日々コツコツと仕事と共に過ごしていたところ、
あっ☆と言う間に数ヶ月が経ってしまいました。


ブログから、ちょっと《おいとま》をいただいておりました☆☆☆


幸い、人にも仕事にも恵まれて、

以前より体調も回復しています。



カウンセリング業に関しても、
私を必要とする方々にベストなタイミングで出会える様になっているらしく、

お互いにエネルギーがスムーズに流れる中で、誰かのお役に立てているようです☆☆☆



☆☆☆さて、あの山梨コンサートの後、

10数年も前に山梨で歌を教えた☆当時小学生だった生徒さん☆から、久しぶりの嬉しい連絡が来ました。


なんと今は劇団○☆の団員となり、全国公演で日本中を飛び回っているのだそうです。


しかも、久しぶりに私の「レッスンを受けたい♪」という嬉しい申し出までありました。



☆その後、彼女が旅公演から戻り、
本当に本当に☆久しぶりにレッスンを受けに来てくれました。



あまりにも綺麗に成長していてビックリしたのと、
プロとして第一線で活動をしていて、

歌を聞かせてもらうと、
表現力も豊かで素晴らしく、
喉も強くなっていて(以前はハスキーボイスちゃんでした。)


人間的にも、沢山の人達に厳しく揉まれて育っているせいか、
物腰も柔らかく、人当たりも良く、
言葉使いも美しく、

すっかりステキな舞台人となっていました。

何と!!

来年度のメジャーな舞台へのオーディションにも合格したそうで、さらなる進化が楽しみな舞台人です。


子供の頃からの夢が叶い、
自分らしく自信を持って生きている強さが☆素敵にピカピカ☆輝いて、眩しいくらいでした。


おめでとうございます!!



この様に嬉しい再会をいただけると、
今、この土地に、この環境で私らしい仕事をさせていただけている事に☆

良かったなあ!と、しみじみ感謝しています。



☆☆☆☆☆それから息子の雄一郎は、
まもなく開催される昭和音大の、

オペラ【フィガロの結婚】にて、

なんと!!バジリオ役に選出されて、ついにオペラデビューいたします♪♪


稽古は佳境を迎え、3ヶ月に渡る日々、
体力と気力を維持する大切さを学びながら、
この公演の為にイタリアから来ている演出家と指揮者に熱血指導を受け全力投球の日々を過ごしております。


毎日、泣いたり喜んだりと色々あるみたいです。


自転車のタイヤの様に空気が抜けてガタガタになったり、
空気がいっぱいすぎてポンポン跳ね過ぎてパンクしたりと、
タイヤの様な心の穴を日々修理して、
ツギハギだらけで、こぎ続けています。



この大変さがわかる母としては、

叱咤激励しながら、
なるべく喉に良い物を食卓に並べて、
家庭での応援をしています。



私も若い頃に舞台に向けて数え切れないほど失敗した様々な出来事を思い出しては、
笑い話にして伝えてもいます。



親子二代続けて昭和音大のオペラの舞台に立たせていただけることは奇跡です☆

私はグルック作曲のオペラ「タウリスのイフゲニア」でタイトルロールをしました。ギリシャ神話がモチーフで、多分、日本初演だったはずです。

ある意味、誰も知らないオペラだったので、指導者が思う世界観だけで乗り切れました。


ですが今回はオペラ好きなら誰もが知っている「フィガロの結婚」となると、
息子はプレッシャーに負けて、
何度もペシャンコになっています。



奇跡的にオーディションで射止めた役です!!


あと数日、無事に走り抜けて、全力で歌い演じて欲しいと願っています。


さて、また、ぼちぼちブログを書こうと思います。


皆さま☆今日も読んでいただき、ありがとうございました☆感謝☆









image1.jpeg [225.01953125 KB]

image2.jpeg [257.533203125 KB]
-
- 2019/07/29 ☆おかげ様で完結♪☆
-
2019/07/29(Mon) 14:36 by ちかこ



おかげ様で、無事に楽しく、
《親子歌》vol.4が終わりました☆☆☆

御来場いただいた皆様、応援してくださった皆様、本当に有難うございました!!



山梨での活動は17年目となります。


息子の小児喘息の症状を治す為に、
東京から山梨へ転地療養として移住し、
小中高の12年間を勉強とスポーツに励み、すっかり小児喘息は治り健康体となりました。


そして音楽にも目覚めた12年目、

次なるステージに息子の意思で、
神奈川県の昭和音大へと希望に満ちた進学を果たし、
川崎市へと転居しました。


当初の予定では短大への入学が、3年生の学部編入を経て4年間を音大生として学びに学び、この春、晴れて卒業しました。


息子は卒業後に受けた、今秋の大学オペラのキャストオーディションに合格し、
☆オペラデビューのチャンスを掴みました。


すでに稽古は6月から始まっていて、
仕事として先輩方に囲まれて、オペラと向き合う日々に入りました。



そして私は音大附属音楽教室の講師として5年目の今では、
週5日4校の音楽教室に出校し、
さらには週2日、横浜市立○○高の声楽の講師として仕事をしています。


さらにプライベートレッスンでも教え、カウンセリングなどもしており、

毎月50名弱の生徒さんと向き合い、
ほとんど休みなく仕事に恵まれている状態となっております。


その様な中、

先日の《親子歌》vol.4をもって、
山梨でのコンサート活動は完結いたしました☆☆☆☆☆

事前にコンサートのお知らせに書いてまで集客をすることでもないと思い、

密かに気持ちを固めていて、
忙しい息子にも、コンサートの2日前に、その意志を伝え、
入院中のスタッフの責任者にも伝えて、父母にも伝えて、清々しい気持ちでコンサートをつとめあげました。


その日、その場に来てくださる方々が完璧なタイミングで居合わせるという、この世の仕組みを受け入れて、

山梨でのラストコンサートを心を込めて歌い、
楽しく語り、
お客様とルーチェメンバーとが、一緒に歌うコーナーでは、会場がひとつになる素敵な時間をいただきました。


有難うございました。



☆☆☆聞いてくださったお客様からスタッフに連絡がありましたので、抜粋して勝手ながら記載をさせていただきますね。



『これまで、山梨の地で歌声を聞ける機会を設けて頂けたことは有難たかったですね。
沢山の優秀な生徒さんの歌声を聴けたのも、佐佐木さんご一家のお陰。

ずいぶんよい時間を過ごさせて頂きました。

佐佐木さん、綺麗でしたよ。
今までのコンサートで一番綺麗でした。
歌声も美しい。

私には、そう言う能力は無いと、思っておりましたが、初めて、オーラと言うものが見えました。
肉体は借り物。

光が歌って、楽しんでいました。

もう、綺麗で綺麗で、光を目で追ってました。

ドキドキしまして。
歌声を聞いていたら、プラスチックの下敷きを洋服を来た腕でこすった後、頭の上に下敷きをかざすと髪の毛が静電気で逆立つように身体中から、細いアンテナが上から引っ張られるように、ピクピクと沢山逆立つような感覚を味わいました。

素晴らしい歌声でした。
身体中が敏感に反応するような。
不思議な歌でした。

怒濤のように目まぐるしい勢いでチャンスを掴んでいくことを、『龍に乗る』と、言うそうですが、佐佐木さんのお話を聞いて、あぁ、これが『龍に乗る』って言うんだと、理解しました。

出逢いは、たまたまのような感じでしたが、尊い、貴重な時間を過ごさせて頂きました。

長く、山梨の地で、歌って頂けて、佐佐木さんご一家と、スタジオルーチェの生徒さんには、感謝ですね。
とても素敵な1日でした。』

これほどまでに受け止めてくださり、
素敵な文章にしていただき、本当にありがとうございました。



山梨に対して17年間、真心と愛情を込めて音楽と人についやした日々への、ご褒美の様な感想に☆感謝しかありません。


☆完結☆



image1.jpeg [62.8681640625 KB]
-
- 2019/07/17 ☆肌年齢!☆
-
2019/07/17(Wed) 21:22 by ちかこ



今年の春頃に、
とある製薬会社の《シミ用美容液》と出会い、

「肌の新陳代謝をシッカリ促し、根本からシミを減らしてゆく!」というコンセプトに奇跡を信じて、
細々と続けてきました。



今回、その製薬会社から肌年齢を調べるキットが届いたので、
面白そうだと思い肌サンプルを送ってみました。


すると、ちょっと嬉しいことに、

私の【肌年齢は49歳!!】だとの診断が返って来ました☆☆☆


他に細かく色々と報告が書いてありました。


昔からホクロがたくさんあるので、
やはり「メラニン色素の生成が多いタイプ」とあり、

日差しを浴びない工夫が書いてありました。


初めて肌年齢を調べましたが、まさかの、
ちょっと嬉しい結果にホッとしました。


顔のお手入れをする時間もなく、オールインワンゲルとココナツオイルだけで過ごして来た数年に、
美容液をプラスした数ヶ月でした。


それと、

(きっと、血管年齢は危険だろうな。。)と思いながら、

ささやかな運動努力として毎日1万歩を目指し、
仕事の行き帰りに多目に歩く努力だけは続けています。


我が家の周りは坂道がキツイので、
この5年の坂道の暮らしで、ついにハイヒールは消えてしまいました。


たまに腰痛が邪魔をしますが、それでもこの重たい体で1万歩を日常的に歩けているのは、この体に感謝です。



☆☆☆もうすぐ梅雨が明けるはずです。


今年は雨や曇り空でも、
腕には日光疹が出来てしまったので、
気をつけたいと思います。


本格的な日差しを防ぎながら、
毎日の通勤を楽しみます。



雨や曇り空が長かったので、
そろそろ、お日様が恋しいです。。。


山梨のくだものは大丈夫かな。


☆全ての出来事に感謝☆


image1.jpeg [19.798828125 KB]
-
- 2019/07/14 ☆束の間の憩いの時間☆
-
2019/07/14(Sun) 11:46 by ちかこ


時間が過ぎるのが去年より、さらに加速している気がします。


毎日毎日☆驚くほどに沢山の音楽のお仕事を☆有難く続けさせてもらっています♪♪

この歳になって、
こんなに物凄く☆忙しくなるとは想定外でした。



御縁があってのお仕事ですので、

☆誠意を持って一期一会☆真心を尽くしてお仕事をさせていただいております。


年齢層も、小学1年生から80才代の大先輩の方々までと広がり、

音楽の種類も、童謡・オペラ・ミュージカル・ボサノバ・演歌・タンゴ・シャンソン・ポップス・ゴスペルと多岐に渡り、

世界の音楽を通して、日々☆楽しく沢山の方々と向き合っています♪

☆歌のレッスンが主軸ではありますが、

時にはカウンセリングタイムになる時もあり、
(私でお役に立てるのであれば!!)と、

時々、生き方や考え方へのアドバイスなども、させていただくこともあります。


その後、レッスンに来た時には、

前回あれほど落ち込んでいたり、大変な状況だった方々が、
何事も無かったかの様に忘れ、
笑顔で元気に来てくれると、

内心☆ホッとしています。。。


(答えはご自身の中にあるもの。。)


たまに、、
「ササキ先生のアドバイスを実行したら、あんなに悩んでいたのが嘘の様に楽になりました!」と、
変化を感じて、感謝の言葉などをいただく事も☆あります。



私自身が、悩んだり苦しんだりしたこれまでの歳月の過程で、人生の先輩の方々から、
沢山のアドバイスや支援を受け、
不思議な事を教えてくださる方々からも応援を受け、
ここまで音楽が主軸で歳を重ねてこられたのですから、
自己解決法もヤンワリと出来る今は、

私が出来る範囲ならば、応援をする側にいようと考えています。


いよいよ、
残された人生は感謝だけで生きていけるほどにもなって来ているのかもしれません。


なぜなら不平不満を言っていたら、
生かされている時間が勿体ない様な気がするからです。



ちょっとお節介おばさん風を吹かせながら、
「そのままの自分も認めて、ここから変化を楽しみながら前向きに生きようよ!!」と、熱く語る時もあります。




☆☆☆☆☆さてさて、

少し前に、あるお仲間からお誘いをいただき、

とある神社の奥の庭にご一緒させていただける貴重な体験をしてきました。



お話をいただいてから、前もって、その日だけは絶対に空けておくと決めて、

元々、スケジュール的にお休みでしたが、プライベートレッスンの申し込みは、他の日にしてもらいながら、

自分の為の貴重な時間を過ごすつもりでおりました。



ところが予定していた日の数日前に、

【その日に台風が来る?】という気象予告が出てしまい、

雨の中をご案内していただくのは申し訳ないと思い、
少し早めに、やむなく変更を申し出ました。



しかし、お仲間は、
「雨が上がるかもしれないです!」と、予定変更はギリギリまで様子を見ることにしてくれました。



そして当日、徐々に青空も見えはじめて、雨が上がった後の空気は澄んでいて、
予定通りに伺う事が出来ました。


普段は人がいるお庭だそうですが、
不安定なお天気だった事もあり、
ほとんど誰も来ていなかったので、

ゆっくりと散策が出来ました。



エネルギーに満ちた有難い土地だと感謝しながら、
案内をいただかないとわからない場所にも行けて、
久しぶりに魂からのリフレッシュが出来ました。



おかげ様で、大好きな超古代史の長年の疑問も、
私の中でスルスルと解決しました。



心は時空を超えて、
これまでの超古代史への好奇心の中で、未解決だった出来事が解決してしまい、

フッと、立ち止まり見渡すと、

自分の人生は全て善き方向に進んでいるんだなぁ。。と、心底☆実感いたしました。



束の間の憩いの時間をプレゼントしてくれた、お仲間には本当に感謝しかありません。

お天気を願ってくれて、
ありがとうございました☆☆☆


☆☆☆実は、今から1ヶ月ほど前に、体が思う様に動かなくなり、
倒れるギリギリの状態になりました。

血圧も200を越えて、

仕方なく、息子に付き添ってもらい、ゆっくりと病院に行き、
なんとか難を逃れました。


お医者様からは仕事内容から、過労だと心配されました。



もうすぐ、【親子歌】コンサートを開催しますので、
徐々に回復を目指します。今回のコンサートはおとなしめかもしれませんよ!



☆今、生かされているこの命と向き合いながら、
こうして日々、音楽の仕事が毎日ある奇跡は、

「もう多くは望むものは無い!」と、再確認しました。


再婚でもしてみようかな?とよぎった時は、ただのマボロシでした。



先日の体調不良を経験してからは、
万が一にも誰かに迷惑をかけるくらいなら、

この日々の音楽のある暮らしを、ゆっくり楽しみながら静かに生きる道を選ぼう♪と小さく決心をしました。



仕事を続けながら、少しずつ回復をしています。


☆感謝☆


image1.jpeg [58.650390625 KB]
-
- 2019/06/28 ☆若者よ!どんどん羽ばたけ ♪☆
-
2019/06/28(Fri) 22:58 by ちかこ


音楽教室で教えている高校1年生君が、
今週末から高校で選出されて、アメリカのハイスクールでのサマー・スクールに1ヶ月ほど留学します。


先日のレッスンでは、しばらくお休みするので、気分はすっかりアメリカでしたが、
発声法の再確認をしました。



☆実は彼のスケジュールがなかなか忙しく、

アメリカ留学から帰国して1週間後には、
ウィーンへコンサートに出演する為に出かけるという、
まさにワクワクなスケジュールなのです。



なぜ??ウィーンでコンサートに出演?出来るのか?と言えば、

今春、全日本ジュニアクラシックコンクールで声楽中学生部門で3位に入賞したのでしたが、

それぞれの部門で、3位までの入賞者達に、
あのコンクールの主催側と、ウィーンのコンサート企画側が、
友好国交150周年の記念行事として、

コンサートが企画されたらしく、
参加資格が与えられたとの事なのです。



渡航滞在費などは自分持ちですが、

ウィーンのエッシェン バッハ宮殿にて演奏出来るという☆物凄いチャンスとなれば、
彼のご両親が何よりも喜んで、参加を決められ、
ウィーンへは、お父様が同行しての参加となる予定だそうです。



ただ少し心配なのが、
1ヶ月のアメリカ留学中に声楽のレッスンが出来ないので、

私から「アメリカの留学先で声楽の先生を紹介していただいて、是非、レッスンを受けて来てくださいね♪新たな観点で学んで、自分を鍛えて来てくださいね。」と、お願いしました。



彼は、レッスンに期間が少し空くと、

あっという間に自己流に走り、
あっという間にオジサンみたいな歌い方になり、
あっという間に声枯れを起こすタイプですので、少しだけ心配です。



先日のレッスンでは再度、
自主練の仕方を再確認して、
その歌声は、
【力み】か?

【響き】か?


という事を確認しながら、なるべく喉の負担をかけない歌い方にして送り出しました。


(正しい基礎は教えましたので、アメリカで良い指導者に出会えます様に!!)



まあ。あとは自分次第です。


声や身体のコンディションを維持することは、
誰のせいにも出来ないものですので、

まずはアメリカのハイスクールで、たっぷりと外国の文化と言葉に触れて、
さらに意欲的に学習能力を高めて頑張ってもらいたいものです♪
では、いってらっしゃい☆☆☆

☆若者よ!どんどん羽ばたけ!!☆



image1.jpeg [43.4287109375 KB]
Copyright (c) Studio LUCE All rights reserved.  
-
-